FC2ブログ
鴨日記B
毒にも薬にもならない駄文垂れ流し日記。 同人サークル『矢鴨食堂』の広報なども行います。
02/27のツイートまとめ
kamonanban02

本日は神居祭なり。諸般の事情で早め出発。まずはWINS寄るぜー(コラ)
02-27 08:38

知人にもののついでに地下鉄駅まで送ってもらったんだが、荷物を見て「旅行ですか?」と聞かれた(爆)
02-27 08:40

帰りは荷物、少し送ろう、うん……。
02-27 08:42

馬券購入。今から札幌駅まで歩いていくぜ?。
02-27 09:04

準備完了。今日も頑張るぞー。 http://yfrog.com/h5xi4uj
02-27 10:47

地形効果×で苦戦中
02-27 11:56

真幌葉さんからピンズを半額で購入 http://yfrog.com/h4ai1moj
02-27 12:30

スポンサーサイト
【2011/02/28 05:49】 | ツイッターまとめ | トラックバック(0) | コメント(0) |
東方神居祭3 矢鴨食堂頒布物
 東方神居祭3(2月27日・札幌テイセンホール)
 矢鴨食堂はか-01になります。
 頒布物は、まずは東方どうでしょうEXTRAの再版。
東方どうでしょうEXTRA表紙
 A5・フルカラー表紙・68P 頒布価格500円
 冬コミ新刊ですが、いまだ委託していないので、北海道では初登場となります。
 例大祭、更に委託を見越して多めに刷ってあるので、安心してどうぞ(笑)。
 
 んで、ステッカー新作2種。
神居祭ステッカー1
神居祭ステッカー2
 これに『ルナティック』を再版して持っていきます。全部1枚100円。4枚で100円値引き(つまり、300円で4枚)というシステムは相変わらずでございます。過去分もありますんで、この際にまとめてどうぞ。ただし、残数が少ない物もあるので要注意。

 また、幾つか委託を受けました。確定しているのは『四方竹』さん。竹峰さんの東方どうでしょう本がありますよー。

 では、来週、テイセンホールでお会いしましょう。
 あ、終わった後、暇な人は一緒に飲みに行こうぜ~。
【2011/02/27 10:49】 | 告知 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ざっぴんぐハート @34
忍「昨日と打って変わって冷え込んだね~」
那美「ですね~。さて、今日は作業しながらなんで、軽めのざっぴんぐハートになります」
忍「といっても、HDDの中身消化しないといけないから、見る量変わらないけどね!」
那美「……これで、ほんとに作業進むんですか?」
忍「進むと思わないと……」
那美「気のせいなんですか?(苦笑) まあ、とりあえず、今日のお品書きです」

・お品書き:
 ウルヴァリン 8話
 Rio RainbowGate! 8話
 とある魔術の禁書目録Ⅱ 20話
 お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 7話
 幕末機関説 いろはにほへと 21話
 ヘタリア Axis Powers 22話~26話
 這いよる!ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ(クラフト先生) 11話(最終回)
 君に届け 2ND SEASON 6話
 フリージング 8話


忍「じゃあ、ウルヴァリンから~」

 少女視聴中……

忍「うむ、地味だけどアクションシーンが面白いね。相変わらず」
那美「動きが玄人好みですねぇ。お話はあんまり動いてませんけど」
忍「ヘル・ロードって、要は侵入者誘い込んで壊滅させるための道だよね。……これ、絶対に他に近道あると思うんだ、私(笑)」
那美「まあ、安全な近道無いと、黒萩自身が大変ですからね(苦笑)。では、次はRioです」

 少女視聴中……

忍「スターフォースだと……!?(わなわな)」
那美「なんで防壁抜くのがレトロSTG……(笑)」
忍「で、展開は案の定、リナが敵に回ったわけだけど……なんか昼メロみたいな設定付いてきたよ?(笑)」
那美「ろくでなしの父親のせいで生まれてしまった異母姉妹……って事なんですか?(苦笑)」
忍「なんかカルティエがぐちゃぐちゃに引っかき回してるだけって気もするけど(笑)。まあ、ラスボス戦っぽさは出てるけど……ディーラーがアーニャとか良いの?(笑)」
那美「まあ、ディーラー関係無しの超能力バトル一閃でリオさんが吹き飛ばされましたけど(苦笑)」
忍「あっさり負けちゃっていいのかね~。ま、いいや。次~」
那美「禁書ですね」

 少女視聴中……

忍「おー。一方通行の惨殺モドキ、結構ちゃんと描いてるじゃない」
那美「まあ、それ以外にも割とこのエピソードはちゃんとやってる気もしますけど……」
忍「いや、あれだけやれるなら、アイテム編のときにブレンダの死体引き摺るシーン、ちゃんとやってくれそうだなぁ、と」
那美「たぶん、規制掛かると思いますよ、あれ……。だって、確か上半身だけですよね?(汗)」
忍「まあねー。でも、そこまで行くのかな? OP見ると行けそうな気もするけど……」
那美「三人目の主人公登場まで行くといいですねー。では、次ー」
忍「これは手を止めて見る! 兄好!」

 少女視聴中……

忍「相変わらずひどい……ひどいんだけど……なんで物足りないんだろう……?(遠い目)」
那美「AGE探検隊がメインだったことに何かあるんですかね? ……色々と酷かったと思いますけど(笑)」
忍「うーん…………あ!! そうか、分かったぞ! エウレーカ、エウレーカ!!」
那美「何が分かったんですか、アルキメデス(笑)」
忍「今回、修羅場がない!!
那美「そこですか!?(笑)」
忍「うん、修羅場がない兄好きなんて……カレーのかかってないカレーライスみたいなもの!」
那美「それ、ただのごはんじゃないですか!?(笑)」
忍「それぐらい物足りないのー。というわけで、修輔は女難に遭ってなんぼ!!」
那美「いやまあ、そういう作品ですけどね……(苦笑)。それじゃ、次行きますよー」
忍「はーい。彩葉……じゃなくって、いろはにほへと~」
那美「きちんと切り替えてくださいよ?(苦笑)」

 少女視聴中……

忍「ふむぅ。函館戦争をきちんと描く作品って少ないから、逆に興味深いかも」
那美「確かに幕末物というと、坂本龍馬や新撰組ばっかりですからねー。これはどちらかというと榎本武揚がメインですから」
忍「若き日の東郷平八郎とか熱くていいよー。……正直、覇者の首とかどーでもいいや(笑)」
那美「忍さん、それが本題ですからね?(笑) では、次」
忍「ヘタリアだね」

 少女視聴中……

美由希「少年同士のキス……グッジョブです(←鼻血)」
忍「咎犬の血が終わったらもう出てこないかと思ったけど……やっぱり出てきたか(苦笑)」
美由希「そりゃそうでしょう……ショタで近親ですよ!?」
那美「美由希さん、どうどう! キャラが壊れすぎです!」
美由希「……これは失敬(鼻血ふきふき)」
忍「まあ、第1期も最後にBL成分一気に純度上げてきたよね~。リヒテンシュタインがものすっごいかわいいのに、それを無視してオーストリアといちゃつくスイスはいかがなものか……!(笑)」
美由希「いいじゃないですか(断言)」
忍「……美由希ちゃん。妹キャラ、しかも義理という付加価値付きのキミがそんなこと言ってていいの?(汗)」
美由希「それはそれ、これはこれ!(断言)」
那美「だから美由希さん、キャラが原型留めていませんってば(苦笑)。で、第1期はこれにて終了。来週からテレビ初放送の第二期になるわけですね」
忍「さてはて、どんなことになっているのやら。女の子はハンガリーさんとリヒテンシュタイン以外にもいるのかな~」
美由希「……あ。オーストリア、ハンガリーさんにボコボコにされてたんだ……。女の子相手なのに」
忍「そーいやそうだね……。まあ、性別なんて勝手なキャラ付けだしねぇ。んじゃ、次~」
那美「では、ニャルアニを軽く」

 少女視聴中……

忍「……あれ……? オチは……?(オロオロ)」
美由希「……忍さん?(汗)」
忍「オチ……オチはどこォーーーーッ!?(ガンガンガン!!)」
美由希「わーーー!? 忍さん、落ち着いてー!?(泣) そんな、一斗缶で自分殴っちゃダメー!?(大汗)」
那美「あー……。最後の最後まで、普通に終わっちゃったもんだから、耐えきれなくなったんですね……」
美由希「那美さん、止めなくて良いんですか、アレ!?(大汗)」
那美「わたしもちょっと気持ち分かりますんで……。というか、なんで最後だけ真面目に……(苦笑)」
忍「ゾンビのシリアス回での歩達の気持ちがちょっと分かる……って、それどころじゃないよー!? あんなの、耐えられるかぁーー!!(ガンガンガン!!)」
美由希「忍さん、ドラム缶は強度違いすぎますって!?(汗) な、那美さーーん!?(泣)」
那美「えー、ではいつも通りに綺麗なお話で浄化しましょうか。君届でーす」

 少女視聴中……

美由希「はー……ともだちって良いですねぇ……」
那美「真剣に怒ってくれる親友は一生の財産ですよね~」
忍「うんうん。ちずの一喝が、爽子の殻にヒビを入れたね、アレは」
那美「…………忍さん、もう大丈夫なんですか?」
忍「うん。ピュアなラブストーリー見て、心を落ち着けたよ!」
美由希「……その割に、頭血が噴水のように……(汗)」
忍「あっはっは、足りない分は恭也から補給するから大丈夫!」
美由希「ええと……恭ちゃんをミイラにしないで下さいね……(汗)」
那美「ま、まあ忍さんの惨状は置いておいて……健人くんはまだ引けるぐらいの位置だった故に、風早くんの本気のカウンターに面食らって飛び退きましたねぇ」
忍「まさか、あそこでまっすぐに告白するとはね~。でも、最後の一押し足りないもんだから、またもや爽子が勘違い!」
那美「わりとこの繰り返しですよね。風早くんの押しが足りない→爽子ちゃんがネガティブ思考で勘違い、と」
美由希「で、さすがに今回は友達が怒ったんですよね~」
忍「今までが今までだから仕方ないけれど……そろそろ前向きに変えてあげないとね。……しかし、気になるのはやはり梅!」
那美「だから、ノートに名前書かれますってば(苦笑)。風早くんの本気を見て早々に撤退した健人くんと違って、こちらは虎視眈々ですからね~」
美由希「なんだか、やきもきするのはまだまだ続きそうですねぇ」
忍「いや、ほんと。では、次で最後だね」
那美「はい、フリージングです」

 少女視聴中……

忍「サテライザーの優勝って……完璧に『雨の中子犬を拾う番長を目撃』効果じゃないのよ!?(爆笑)」
美由希「あはは、身も蓋もないネーミングだけど……その通りだと思う(笑)」
那美「ギャップが最強って説なんですかね(苦笑)。にしても、今回は流血が一度もなかったので一安心です……」
忍「ないとなんか物足りないような……」
美由希「そーいうアニメなんでしたっけ、これ(苦笑)」
忍「まあ、代わりに今回は普通にお色気シーン多かったけどねぇ。アティアが小物過ぎるとか、ガネッサがいよいよテリーマン化を固めてきたなぁ、とか割とネタ寄りな感じだったし」
那美「それ以上に、ラナさんが諦めませんねぇ」
忍「ちゃんと洗礼してないしね。そこに付け込む隙は十二分にあるとは思うよ。……というか、パンドラが複数のリミッターを持つのは可能みたいだけど、逆は出来ないのかな?」
美由希「……ハーレム?」
忍「女性優位のこの作品では珍しいかもしれないけど、カズヤも規格外だしねぇ」
那美「でも、それだとインバーセットの時はどうするんですか?」
忍「そりゃもう、カズヤがラナとサテラを二人同時にイカせるような絶倫ぶりを……(笑)」
美由希「あ、あははは……発言に困るようなこと言わないでくださいよ~(汗)」
忍「いや、これってそういう話だし……」
那美「それでも、そこで止めておきましょう(苦笑)。
 ……さて、これでおしまいかと思ったら、大間違い。矢鴨食堂としても超久し振りのweb拍手が来ています」
忍「お。珍しいね」
那美「店長宛だったんですけど、こっちに引っ張って来ちゃいました。こちらです」

>俺妹の別ルート第12話がweb配信されていました。店長さんは既に視聴済みでしょうか?

忍「あー、メール来てたなー。じゃあ、久し振りに休会解除して見てみようか」
那美「ですねー。というわけで延長戦。
 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』12話、なんとTRUE ROUTEだそうですよ~」

 少女視聴中……

那美「Bパートから分岐するんですね。だから、もう一回12話なんだ」
忍「なるほどなるほど、分岐して桐乃がアメリカ行っちゃうルートになるワケかー。……って、黒猫の『呼び方が変わる』ってここに効いてくるんだ!?」
美由希「これがTRUE ROUTEって事は……真のメインヒロインは、黒猫さん?(笑)」
忍「なるほど、そういうことなのか(笑)。これは黒猫祭になるのかな?」
那美「こちらはいまだに原作未読ですからねー。どこからが違うのかよく分かりません(苦笑)」
忍「しかし、このまま黒猫にメインヒロインの座を奪われるとなると……竹達彩名がメインヒロインを張ると、そのキャラは影が薄くなる説を補強することにしかならないよねぇ……(笑)」
美由希「なんだか、あんまりな説ですね、それ(苦笑)」
忍「真のヒロイン、登場です!ってノリで、延長戦3話、気が向いたら見ていこうっと」
美由希「……気が向いたらって(苦笑)」
那美「忍さん、基本的にPCでアニメ見るの好きじゃないんですよ……。だもんで、いまだにまどか☆マギカ手付かずですし……(嘆息)」
忍「う、うるさいなぁ。好みの問題なの! というわけで、今回はここまで!」
那美「はいはい(苦笑)。では、せーのっ」
三人「「「まったね~♪」」」
【2011/02/26 12:00】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(4) |
ざっぴんぐハート @33
忍「はいどーも、ざっぴんぐハートです。今回はれーハもあるので軽く、ね」
那美「録画数も少ないですしね。というわけで、今日のお品書きはこちら」

・お品書き:
 幕末機関説 いろはにほへと 20話
 ハナタレナックス 沖縄の旅⑤
 咎犬の血 12話(最終回)


忍「んじゃ、いろはにほへとから」

 少女視聴中……

忍「蒼鉄、『我が共和国』と来たか……」
那美「狙いがどの辺なのか分からないですねぇ、相変わらず……。にしても、宿命に翻弄される赫乃丈さんがかわいそうです……」
忍「秋月を思えば思うほど、深みに嵌ってる感じだよねぇ……。バッドエンドかなぁ」
那美「ハッピーエンドはないでしょうねぇ。監督的に(苦笑)。では、次はハナタレです」

 少女視聴中……

忍「あははははは!? 四人とも、最ッッ低!!(爆笑)」
那美「えーと……わたしはさすがにちょっと引いちゃったんですけど……(苦笑)」
忍「男子限定の下ネタだからね~(笑)。中学生脳を持つナックスならではだよ。つーか、四人とも『漫湖』って言葉に一々反応しすぎなんだよ!!(爆笑)」
那美「最後に大泉さんがぽつりと言ってましたけど、あのガイドさん、確信犯なんじゃないですか?(笑)」
忍「まあ、そうとしか思えない節はあるよね(笑)。……でも、漫湖、確かに凄いかも。人間の手によって浄化してラムサール条約登録まで持ってきた、ってのは半端じゃないよ~」
那美「普通に南国の湿地帯として、見てみたいですよね~。では、次は咎犬の血。最終回です」

 少女視聴中……

忍&美由希「「ええ~~~~……」」
那美「美由希さん、出てくるなり忍さんと変な声出さないでくださいよ(苦笑)」
美由希「いや、だって那美さん……」
忍「これは変な声も出したくなるよ(苦笑)。完璧に打ち切りエンドじゃないのさ!(笑)」
美由希「しかも規制入って戦闘シーンもなんだかよく分からなくなってたし……」
那美「まあ、言いたいことは分かりますけど……(苦笑)」
忍「大して期待してなかったけど……結局そのまんまだったかなぁ」
美由希「年齢制限かけてもうちょっと踏み込んで欲しかったです……」
那美「美由希さんが言ってる意味、きっと二重なんだろうなぁ……(苦笑)。というところで、今回はここまで」
三人「「「まったね~」」」

【2011/02/25 14:18】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(5) |
ざっぴんぐハート @32
忍「むぅ。来週から水曜どうでしょう新作だから、専用の次回予告でもあるかなー、と思って久々にClassic録画したんだけど……普通のCMだけだったなぁ」
那美「まあ、1カットだけでもかなりのネタバレになりそうですからねぇ。第一夜のだましが全てみたいな番組ですから、気を使っているんでしょう」
忍「まあ、来週まで大人しく待とうか。おかげで『ここをキャンプ地とする!』を見れたし」
那美「あー、神回だったんですね~(笑)。それを上回るものが今日はあるかどうか……というわけで、本日のお品書きです」

・お品書き:
 GOSICK-ゴシック- 2話
 ドラゴンクライシス! 7話
 スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター- 18話
 イナズマイレブン 120話
 ブギウギ専務 いい旅ブギ気分道東の旅③
 幕末機関説 いろはにほへと 19話


那美「では、ゴシックから行きますよ~」

 少女視聴中……

忍「九条くん、男の子っ!(笑)」
那美「日本男児、武士、騎士、全てを併せたような少年ですよね~」
忍「なんというか、男の子の理想型だよね~。まあ、こういうストレートでちょっと変わった子じゃないと、ヴィクトリカの相方にはなれないんだろうね~」
那美「で、2話は豪華客船での殺人事件ですが……」
忍「……推理物は、原作知ってると素直に楽しめないねぇ……。トリックと犯人全部分かってるんだもん(苦笑)」
那美「まあ、そこを意識してみるとちゃんと全部描いてあるんで、分かる人は分かるんだろうなぁ、といった感じですね」
忍「うーん、これはアニメ全部終わるまで、止まってる原作は手を付けない方がいいかなぁ……」
那美「それだと、原作読む時にネタバレになりますよ?」
忍「ああっ!? どっちにしろ、ダメじゃん!?」
那美「あはは、そこは仕方ないですよ(笑)。では、次はドラクラ行きます」

 少女視聴中……

忍「アイちゃん……あれは、完璧に惚れたな……(笑)」
那美「本音を見抜くロストプレシャスを前に、実に男前な本音を炸裂させましたからね~、竜司くん。しかもかわいいとか言っちゃうし(笑)」
忍「その後で、行くとこ無ければうちに来ればいい、とかほとんど告白モドキじゃん!(笑) ローズのいないところで無自覚な浮気してるな~(笑)」
那美「そのローズちゃん。さすが炎を操るレッドドラゴン。破邪・浄化の能力あるんですね~」
忍「本人無意識だけどね(笑)。まあ、テロリストはどんな理由があっても許しちゃいけないものなんだろうけど……大組織故に生じる犠牲とかは、やっぱり考えちゃうよね……」
那美「『大きな間違いがあるからといって、目の前の小さな間違いを見過ごすことは出来ない』というのは、良い考え方だと思いますよ、わたし。……正直、そう考えないと生きていけない部分、ありますし……」
忍「組織を是とするか、非とするか。人間が社会型生物である以上、大なり小なり必ず抱える問題なんだよね。ま、そういう難しい問題はさておき、今回も男の子が頑張る、実に王道な話でした! 満足!」
那美「では、次はスパロボOG。こちらは王道……というよりはお約束です!(笑)」

 少女視聴中……

忍「シュウ・シラカワ……なぜにジョジョ立ちッ!?(爆笑)」
那美「そこに食い付きますか!?(笑)」
忍「いやー、食い付くでしょ、二つ名『グランゾン』としては(笑)。しっかし、似合うなぁ、シュウ(笑)」
那美「まあ、否定はしませんけど(苦笑)。……で、大敗によりキョウスケさんが重傷、エクセレンさんが行方不明、ダイテツ艦長が戦死、そこから再起するシーンですね」
忍「再起するのはキョウスケ達だけじゃないね。ソウルゲイン、復活ッ!!」
那美「いやぁ……さすが、もう一人の主人公。カッコイイですねぇ」
忍「まあ、スパロボは主人公ばっかり集めた作品だから、どこを切っても主人公しか出てこないんだけどね~(苦笑)。次回は、その主人公達の中でも結構な人気を誇るクスハ&ブリットが超機人と!」
那美「テーマ曲、是非とも歌付きで流して欲しいですね(笑)。では、次~」
忍「イナズマイレブンだね」

 少女視聴中……

忍「う~ん、夏未、やっぱりリトルギガントのことを伝えにくいか~」
那美「全部知ってるはずなんですけど……さすがにそうそう伝えるのは気が引けますよねぇ」
忍「オルフェウス相手の練習試合でヒントは掴んだけど、結局完成はしてないし……。まあ、ブラージが熱かったけど、あいつ、GKとしては並以下だからな~(苦笑)」
那美「まあ、オルフェウスは最終ライン以下の防御力に弱点ある感じですからねぇ。で、来週からの放送時間変動に合わせて、総集編っぽいものやるんですね」
忍「といっても、ほんとにいっちばん最初以前からだから、一度イナズマイレブンがどんな話だったのかをきちんと振り返る、って意味合いが強いかも」
那美「もうすぐ4年目ですからね、このアニメも……。というところで、次~」
忍「ブギウギ専務!」

 少女視聴中……

二人「「わくちん、こっわーーーーっ!!??」」
那美「ななななななんなんですか、あの人!?(大汗)」
忍「いやぁ……いよいよもって、ガチホモだよねぇ、横井アナ……(苦笑)」
那美「本気で怖かったんですけど、わたし……(汗)」
忍「もう、『専務逃げてーー!!』としか言えないという(苦笑)。まあ、今回はラストきっちり締めたけどね~」
那美「流氷、すごいですね~。というか、オオワシがかなりいましたねぇ。天然記念物なのに」
忍「まあ、人の来ない場所だからね~。……で、何? 来週でわくちんいなくなるの?」
那美「トンガに飛ばされるって、リアルで横井アナが人事異動になるんじゃないですかね(笑)」
忍「ほんとにトンガ行ったら面白いけどね(笑)。んじゃ、最後はいろはにほへと」

 少女視聴中……

忍「うわぁ……蒼鉄、えげつない……。赫乃丈の月涙刀への不審を、秋月生存で上書きしちゃったよ……(汗)」
那美「結果として、赫乃丈さんが死を選ぶのを防いだわけですけど……これは更なる悲劇を呼びますよねぇ……」
忍「榎本軍北海道平定を丁寧に描いているのは面白いんだけどねぇ。これからどうなる事やら……」
那美「というところで、今日はここまで」
二人「「まったねー」」

【2011/02/24 13:51】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(0) |
02/23のツイートまとめ
kamonanban02

どさんこワイドのBGMがなんでかけいおん!縛り(笑)
02-23 16:10

遅刻したけど、れーハも更新済み。http://members.jcom.home.ne.jp/knb02/racingheart715.htm
02-23 16:14

印刷代振り込んだし、ステッカーも明日届く。これでようやく例大祭新刊に専念できるなぁ。
02-23 16:16

【2011/02/24 04:04】 | ツイッターまとめ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ざっぴんぐハート @31
忍「い……いたひ……(泣)」
那美「忍さん、まだ筋肉痛取れないんですか?(苦笑)」
忍「ノエル達の雪かき手伝ったの一昨日なのにぃ……(しくしく)」
那美「運動不足なんですよ!(苦笑)」
忍「うう……否定できない……。腕はともかく、腰から背中にかけての筋肉痛なんて、自分でビックリしたもん……(泣)。那美~、治癒の力使ってよ~」
那美「そんなのに頼ってると、いつまでたっても体力付きませんよ(苦笑)」
忍「うぇ~ん、那美が厳しい~(しくしく)」
那美「というわけで、キャタピラーみたいな忍さんと一緒にざっぴんぐハートお送りしていきます。本日のお品書きはこちら」

・お品書き:
 東京エンカウント 8回
 みつどもえ増量中! 7話
 おにぎりあたためますか 全国制覇の旅2周目札幌2回目①
 テレパシー少女蘭 21話
 幕末機関説 いろはにほへと 17話~18話
 レベルE 6話
 これはゾンビですか? 6話
 スカイガールズ 5話


那美「では、東京エンカウントから行きましょう」

 少女視聴中……

忍「あははははははは!? 筋肉痛も全部吹っ飛んだ! 神回すぎるでしょ、今回!(超爆笑)」
那美「7回の若本祭もなかなかでしたけど……今回のSaints Row 2三人マルチプレイ、凄すぎましたね……ぷふっ!?(←吹き出した)」
忍「アキバ系バックパッカーに、初音ミクみたいなパンツはいたマッチョメン、そして謎のグラサンブラ男……。こいつらが街中で銃を乱射するわ車吹っ飛ばすわ、殺し合うわとひどいったらないよ!(爆笑)」
那美「他にはモトローダーにワーヒー2……なんだか、とことんこっちのツボを抉ってきますねぇ(笑)」
忍「店長曰く、杉田&中村両名と時代がほぼ一緒だからこそ爆笑できる、とか言ってたねぇ。あーもー、これ録画消さないで取っておくべきだったなぁ」
那美「リピート放送あるから大丈夫ですよー。では、次行きます。みつどもえでーす」

 少女視聴中……

忍「Hungry,Hungry!!(←スニッカーズに食らい付いてる)」
那美「って、どこまで東京エンカウント引き摺ってるんですか!?(笑) というか、コタツで寝転んでそんなカロリーある物食べてると、みつばちゃんみたくなりますよ?」
忍「誰が雌豚か!?(ムシャコラムシャコラ)」
那美「怒るのか食べるのかどっちかにしてくださいよ!?(笑)」
忍「……まあ、冗談は置いておいて」
那美「冗談だったんですか……? スニッカーズ、三本も食べておいて……(汗)」
忍「冗談だったの(断言)。んで……次回最終回って、マジ!?」
那美「早いですねぇ……。TVアニメで全8話とか、聞いたこと無いですよ?」
忍「これじゃあ、増量中じゃなくって減量中だよ……」
那美「みつばちゃん的には大歓迎なタイトルですけどね」
忍「ひとはは呪いそうなタイトルだけどね~(笑)。……しかし、出来が一期に負けず劣らず良かっただけに、予想外の短さは本気で残念だなぁ……」
那美「7話もEDでプールカーリングで起きた全悲劇をまとめるとか、ほんとに好き放題やってましたからねぇ。もっと見たい、というのは見てる人みんなの気持ちじゃないでしょうか」
忍「原作のエピソードストックもまだあるはずなんだけど……無念! ……でも、ほんとに終わりなのかな?」
那美「……どうでしょう。だましの可能性もすっごい高いですよね(苦笑)。まあ、その辺は来週で判明するって事で。では、次はおにぎりです」

 少女視聴中……

那美「札幌編ですね~」
忍「今回はイケメン店長祭だよ!」
那美「おかげで大泉さんとシゲさんがものすっごい機嫌悪いですけどね(笑)。とりあえず、今回は1件だけですね」
忍「円山にあるオシャレなカレー&ハンバーガーのお店だね~。カレーも美味しそうだけど……ハンバーガーがすっごい旨そう!(じゅるり)」
那美「ゴルゴンゾーラもチリソースも、どっちとも美味しそうでしたね~。・・シゲさん頼んだのはアレですけど(笑)」
忍「でかすぎてバーガーとして食えない、というのはね~(苦笑)」
那美「メガマックみたく潰して食べると台無しでしょうしねぇ。では、次行きます」
忍「蘭だね~」

 少女視聴中……

忍「おー、前回の蘭の家族へのカミングアウトに続いて、これで翠の闇はほぼ完全に吹っ切れたかな?」
那美「まだ実の両親に会った時の対応が残ってますけど……自分は自分で折り合い付ける筋道は付きましたね」
忍「でもさー……あのおばあちゃんの孫って、確実にあの先生だよね?(苦笑)」
那美「これはラスボスとして再登場ですかね~。というところで、次」
忍「いろはにほへとを2話分だね」

 少女視聴中……

忍「白い月涙刀が覇者の首に汚染されているのは予想通りだったけど……蒼鉄、知らなかったの?」
那美「なんか意外な反応でしたね~。となると、狙いは普通に榎本武揚の蝦夷共和国?」
忍「うーん……。どうなんだろ。まあ、はっきりしてるのは……秋月、今度赫乃丈と会ったら、確実に斬りに来るよねぇ……」
那美「一座自体が蒼鉄先生の掌の上で躍ってますからねぇ……。蒼鉄を止めるためには劇団排除は必須、と考えてもおかしくないですよ……」
忍「ううむ、落としどころが見えてこないから、なんかモヤモヤしたまま話が続くな~(苦笑)。えーと、次~」
那美「レベルEです」

 少女視聴中……

忍「やー、ひどいねー(笑)。さすがブラックジョークの塊!(笑)」
那美「クラフトさん、その内血を吐いて死にそうですよね、ストレスで(笑)」
忍「このカラーレンジャー編もひどいねぇ。……でも、オチは忘れたんだよなぁ……。どうなるんだっけ?」
那美「来週になれば分かりますよ、きっと。では、次のゾンビさまに行きまーす」

 少女視聴中……

忍「これでファーストエピソード一区切りかな?」
那美「ですね……って、ちょっと戦闘シーンがグロくて……(うぷ)」
忍「年齢制限かけた方がいい過激さではあったねぇ。でも、今回は相当出来よかったな~」
那美「作画演出演技全てハイレベルだったと思いますね。それ故に、グロいのダメな人は厳しいかも……(げんなり)」
忍「那美はそういうのほんとに苦手だねぇ(苦笑)。しかし、ユーが生み出してたの、ほんとにノーライフキングじゃない。魔力収奪能力付きの特級品だし」
那美「言霊だけで相手の命を奪えるとか、能力は既に神に匹敵してるんでしょうね。……だけど、そんな力をただの女の子が持ったら……」
忍「……これまで、どんな地獄を見てきたんだろうね……。って、あまりにシリアスすぎて歩達もアイキャッチで耐えきれなくなったみたいだし(笑)」
那美「コメディとシリアスの境界線上を歩いていく、富士見ファンタジア正統後継作品っていうのがよく分かりますよね~。では、次で最後。スカイガールズです」

 少女視聴中……

那美「はー、面白いですね~」
忍「訓練生からテストパイロットに無事昇格したね。音羽、さすが本職の剣士!」
那美「チームとしても本格的に連係できてきましたしね~」
忍「で、前も言ったけど、とにかく話をよく作ってあるなぁ、といった印象を受けるね。ストレスの掛け方も、決して理不尽なものじゃなく、きちんと理由があるものだし。各キャラがそれぞれの思惑・思考できちんと動いているのが分かるから、シナリオに無理がないんだよ」
那美「あー、ありますね……。あまりにも無茶なお話投げてくる作品(苦笑)」
忍「オリジナルアニメでやるなら、今はこれぐらいやらないとダメなのかもしれないけどね~。というところで、今日は以上!」
二人「「まったね~」」

 
【2011/02/23 16:12】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(0) |
02/21のツイートまとめ
kamonanban02

お!? 水曜どうでしょう新作のCM、初めて見たぞ!?
02-21 00:43

あ。そうだ、いい加減夏コミのサークルカット作らないと……。
02-21 03:27

サークルカットおわりー。文字だけだから早い早い(笑)。これにて夏コミも申し込み完了だぜー。
02-21 03:55

地獄の四段ハンバーグwithチーズ&目玉焼き。600g也。 http://yfrog.com/gzvt3gtj
02-21 20:42

【2011/02/22 03:57】 | ツイッターまとめ | トラックバック(0) | コメント(0) |
02/20のツイートまとめ
kamonanban02

@Bakatoshoukanju おお、ありがとぉございまぁす! 例大祭にもどうでしょうで新刊持っていくので、お楽しみに!
02-20 14:20

うおっし。色々とやるぞー。フェブラリーS見ながらな。
02-20 14:21

そして、今日はけいおん!!のライブ。チケット入手できた幸運な方々、俺の分まで楽しんできてくれー。
02-20 14:22

ヒラボクインパクト残ったかなぁ……? プランスデトワールは4着。やはり間隔空き過ぎか(苦笑)
02-20 14:30

フェブラリーSのれーハ馬券はバーディバーディ、コスモファントム、ダノンカモン、メイショウタメトモ、マチカネニホンバレのワイドボックス。ざっぴんぐでの忍の元祖れーハ予想はバーディバーディ軸にしてさっきの残り4頭+シルクメビウスへの三連複流し。印刷代を馬券で稼ぎたい(爆)。
02-20 14:32

初音Sは音楽絡みでエオリアンハープが来るのか、それとも緑の帽子が来るのか(←ちゃんと予想しろや)。
02-20 14:35

……しかし、『初音』と言われて痕やアトラク=ナクアを思い出す人は、どれだけ残っているのだろうか……(遠い目)。
02-20 14:36

まあ、ネタより何よりも、俺はクーデレを追い続けるわけだが。……あ、正確にはクーデグレイスです(笑)。
02-20 14:40

ヒラボクインパクト勝ったかー。やっぱりディープ産駒は人気薄じゃないと勝てないのか(笑)
02-20 14:43

@YU_Hi_Kitano あ、一人いた(笑)
02-20 14:53

続きを読む
【2011/02/21 03:55】 | ツイッターまとめ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ざっぴんぐハート @30
忍「砂星!!」
那美「いやはや、トランセンド、強かったですねぇ……」
忍「詳しくはれーハで晶達が語るだろうけど……これでドバイになんの心配もなくなったよね。後は、中東動乱がUAEまで来ないことを祈るのみ……」
那美「ほぼ中東全域に拡大していますからね……。ゴールドアリュールの二の舞だけは回避して欲しいです。では、今回のお品書きに移ります」

・お品書き:
 バクマン。 20話
 テガミバチREVERS 20話
 インフィニット・ストラトス 4話
 夢喰いメリー 4話
 海月姫 11話(最終回)
 べるぜバブ 7話
 最強武将伝 三国演義 47話
 1×8いこうよ! お祭りYOYO’S①
 STAR DRIVER 輝きのタクト 20話
 かみちゅ! 7話
 屍鬼 15話


忍「やっぱり日曜も多いなぁ……」
那美「でもまあ、ISに海月姫、スタドラと楽しみな作品も多いですし、頑張っていきましょう」
忍「そうだね~。んじゃ、まずはバクマンから~」

 少女視聴中……

那美「疑探偵トラップ誕生秘話ですね~」
忍「三好の頑張りとかが目立ってくるところだよね~。……しかし、原作に結構忠実なんで、原作覚えてると改めて見る必要性が……」
那美「忍さん、それ元も子もないですよ!?(汗)」
忍「やー、別にバトルシーンがある作品でもないしさぁ。アニメーションならでは、って感じじゃないでしょ?」
那美「全否定過ぎますってば(苦笑)。なんか不穏なんで、次~!テガミバチR行きます!」

 少女視聴中……

那美「……サニー、痛々しいですね……」
忍「でも、カベルネに食われたことを考えると、起き上がれただけでも奇跡だよ。普通は、昏睡状態のまま衰弱死しちゃうんだし……」
那美「コナーも言うこと矛盾してるし……動揺してるんですねぇ……。でも、最後に気付けて良かったですね」
忍「愛の力だよ、やっぱり!(笑) そして、これでコナーが戦線復帰。相手が地中にいるのならば、コナー&ガスの独壇場だからね~」
那美「でも、地中にいる鎧虫の隙間なんて、どうやって狙うんですか?」
忍「……どうやるんだろうね?(汗)」
那美「まあ、実際に対決する時を楽しみにしましょうか(笑)。では、次はIS!」

 少女視聴中……

忍「鈴との決着は付かずに、謎の無人機が乱入してきたか。……やっぱり、狙いは一夏?」
那美「人間全体を探っているようにも見えましたけど……大声を上げた箒をオートで狙ったあたり、識別は出来ていないのかもしれませんね」
忍「ISコアの現在唯一の開発者である箒のお姉さんは行方不明なんだよね? きな臭いなぁ」
那美「軍事転用を認めた途端に世界のパワーバランス一気に崩壊ですからね~。で、鈴さん相手にはほんとに手加減してたみたいですね、一夏さん」
忍「威力ありすぎて対人戦使えないとか、確かに欠陥機かもね。……競技用としては!」
那美「まあ、そこでさっきの対無人機戦が出てくるんでしょうけど……セシリアさんと連絡取るシーンぐらい入れて欲しかったなぁ」
忍「箒が出てきた時点で、絶対にセシリアも飛び出してきてると踏んでたんでしょ。あれ程信頼されちゃうと、セシリアも惚れ直すってば。鈴も助けられてドッキドキだし(笑)。……で、一夏の最後の一撃。あれ、結局当たったの?」
那美「当たったんじゃないですか? 結構派手に壊れてましたよ、敵IS」
忍「なんでフェードアウトしたんだろ。尺の都合かな~。ま、それは置いておいて……一夏を巡る箒とセシリア、鈴の三つ巴がここに完成したわけだね(笑)」
那美「EDも三人揃いましたね~。……でも、次回出てくるもう一人の男性IS適合者の子も加わるんでしょうか……?」
忍「加わるんじゃないかなぁ。だってアレ、どう見ても男装少女……(笑)」
那美「まだ分かんないですよ?(笑) というところで、次行きます」
忍「メリーか。今週はどうだろ……」

 少女視聴中……

忍「来たね、大見得!」
那美「原作でもここまでが結構長いんですよね(笑)。にしてもメリーは強いですね~」
忍「肉弾戦だけで他の夢魔を一蹴できる時点でなんか別存在だよね。楔にして送り返すキャンセラー。メリーなら『夢』を壊さずに夢魔だけ退治できるんだよね、確か」
那美「でも、忍さん結構早い段階で原作読むの中断してますから、何とも言えないんじゃないですか?」
忍「まー、そうなんだけどね。後、問題の演出の方。……今回の時間稼ぎとも思える細かい演出を見てると、これはこれでアニメ化するのに苦労してるんだなぁ、とか思っちゃう(苦笑)」
那美「水増ししないとすぐ終わっちゃうんでしょうかね……。では、次~」
忍「海月姫の最終回!」

 少女視聴中……

忍「面白かった。面白かったけど……1クールでは全然食い足りない!!」
那美「出来が良かっただけに……ですね。お話もようやく色々動き出して、って所で終わりですから」
忍「でも、これはひょっとしたら原作のストックが尽きたかなー、という気もしてる。この前ちょこっと連載の方を立ち読みしたんだけど、ファッションショーをやってたから、あんまり話が進んでいないのかも」
那美「しかも月刊ですからね……。続きは望み薄かもしれませんねぇ」
忍「君望やのだめみたいにガッツリ溜めてからしっかり作る、といった感じではないからね……。仕方ないのかなぁ」
那美「まあ、望み薄でも第二期を待ちますか。では、次はべるぜバブです」

 少女視聴中……

忍「おー。葵ちゃんかわいい♪」
那美「CVは豊崎愛生さんですか。こういう低めの声で演じるの珍しいですね~」
忍「そうかも。原作も葵ちゃん出てきたあたりからぐっと面白くなるし、来週も期待!」
那美「それはそうと、このアニメ、提供画面のナレーションも毎回違うんですよね」
忍「芸が細かいよね。……つーか、男鹿。日曜朝から寝るな!(笑)」
那美「忍さんと一緒じゃないですか」
忍「……や、私は徹夜してたから……(汗)」
那美「言い訳になってませんよ(苦笑)」
忍「つ、次行こう! 次! 三国演義!」
那美「あ、逃げた(苦笑)」

 少女視聴中……

忍「魏延、可哀相すぎる(笑)」
那美「諸葛亮、ほとんどいじめじゃないですか(苦笑)」
忍「第一次北伐の時は魏延の策を採用してれば結局は正解で、今回は魏延の策を形を変えて後から使ってるわけだしねぇ。そりゃ不信感募るよ!」
那美「というか……もはやまともな武将が魏延しか残っていないというのに、この冷遇(苦笑)。曹真に心の狭い仕返しをしている司馬懿もアレですけど、諸葛亮も大概ですよねぇ……」
忍「なんか久々に出て来た陸遜がまともに見えて仕方ない……。まあ、こっちも晩年は結構酷い目に遭うんだけど(笑)」
那美「三国ともそれぞれがアレですね~。では、次は1×8です」

 少女視聴中……

忍「いやぁ、大型企画の発表時はいつもひどい!(笑) なんだよ、前田敦子って(笑)」
那美「一応オチはありましたけどね(笑)。でも、いろんなお祭りありますねぇ」
忍「富良野のへそ祭は有名だけど、鹿追の白蛇姫祭とか、沼田町のケンカ行燈祭っていうのは知らなかったなぁ。北海道広すぎるよ!」
那美「どれもこれも30~40年の歴史あるんですね……。しかし、これらを参考に、新しい祭を作れって……結構な無茶振りですねぇ(苦笑)」
忍「新しい祭、って事は、単発じゃなくって継続が前提になるわけでしょ? 結構厳しいと思うけどな~。当面は北海道各地のお祭りロケになるんだろうけど、実際に作れるのかなぁ」
那美「そのあたりも見ていきましょう。では、次~」
忍「スタドラだね」

 少女視聴中……

忍「ヘッドはタクトとなんか関係あるとは思ってたけど……実の父親だったとは!!」
那美「ゼロ時間に時間を止められてるから不老なんでしょうねぇ。でも、これでタクトくんが島へ来た目的が見えてきたような」
忍「じいちゃんは父親を止めさせる気なんだろうね、タクトに。でも、着々と具体的なゼロ時間攻略後の話が進んでいるな~」
那美「一つのゼロ時間に三体以上のサイバディが入り込めるのが確定しましたからね、今回。もしもマドカとコウが二人掛かりでかかってきたら……」
忍「タウバーンも一対多数が得意とは思えないしね……。ヘッドの歪んだ野望が露見した時、砂星の連中がどう動くか。『現在』を失ってまで前に進みたいかどうかで差が出てきそう」
那美「立場的なことを無視すると……フィラメント、科学ギルド、おとな銀行は五分五分ですよね~。ブーゲンビリアはケイトの胸先一つでしょう」
忍「となると、思想が先鋭化されている印持ちばかり集めてきたバニシングエージだけが問題か……。次回、自身がソラの姿を重ねていたサカナちゃんの帰還によって、ヘッドがどうなるかだね~」
那美「その前に、マドカが強化しすぎで爆散しそうですけど(苦笑)。では、次行きます。かみちゅ!です」

 少女視聴中……

忍「光恵……中学生にしてあの戦闘力……!(わなわな)」
那美「胸だけガン見しない!(苦笑) ……まあ、それは置いておいて、ノスタルジックでいいお話でしたね~」
忍「過ぎ去りし青春の日々か~。大切な思い出は、誰にでもあるんだよね」
那美「遠くなっても大事な物。わたし達も大切にしていきたいですね」
忍「それを呼び起こしたゆりえも、神様の力大分使いこなせるようになってきたね。「か~み~ちゅ!」の呪文も久々にでたし」
那美「タイトルなのに、滅多に出てきませんよね、あの掛け声(笑)。それよりも、どんどん高性能になっていく光恵ちゃんの神降ろしの方がすごいんですけど(汗)」
忍「もはや降ろす神様選ばなくなってきたよね。巫女としては祀なんか足元に及ばないぐらい高性能!」
那美「祀ちゃんはきっと審神者の方なんですよ(苦笑)。では、次で最後。屍鬼です」

 少女視聴中……

忍「夏野、帰ってきたね! 屍鬼を狩る屍鬼・夏野と、唯一気付いている人間・先生の孤独な戦いの幕開けかー」
那美「田中姉弟もいますよ?」
忍「次回予告見ると、弟はどうにか行けそうだけど、姉の方は……」
那美「ただ、マインドコントロールはいるわけではないので、夏野さんみたいになれそうな気もしますけどね。で、辰巳の正体。人狼らしいですよ?」
忍「そう言えば……明確に血を吸ってるシーン無かったっけ? デイウオーカーじゃなくって人狼か……。でも、吸血鬼の特性も持ってるとしたら……それってさくらじゃん!?」
那美「うわぁ……確かに、最強ですね、それ……(汗)」
忍「夏野と先生、勝てるのかな……。あの二人は自分の存在捨ててでも屍鬼を根絶やしにするだろうけど、どっちが生き残るのか……」
那美「うはー……陰惨ですけど、確かに面白いです。というところで、今日はここまで。せーのっ」
二人「「まったね~」」
【2011/02/21 03:15】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(1) |
ざっぴんぐハート @29
忍「さて、予告通りにちょっとフェブラリーS考えてみようか」
那美「えーと、晶ちゃんの予想はマチカネニホンバレ、バーディバーディ、コスモファントム、ダノンカモン、メイショウタメトモのワイドボックスですね」
忍「上位人気3頭見事に切ってるから、これでいい気もするなぁ。けど、ワイド至上主義に一石を投じてみよう! 晶が切った3頭……これね、負ける時は掲示板にも乗らないと思うんだよ」
那美「……それはまた、晶ちゃんの虎咆・改よりもさらに踏み込んできましたねぇ……(汗)」
忍「んで、そのまんま三連複ボックスでも良さそうだけど……うん、ここはバーディバーディの安定感を信じるよ。こいつ軸にして、マチカネニホンバレ、コスモファントム、ダノンカモン、メイショウタメトモにシルクメビウス加えて三連複5頭流し!!」
那美「……これでバーディバーディ抜けて晶ちゃんのワイドだけ当たったら、目も当てられませんよ……?」
忍「が、元祖として負けられない戦いがある!!」
那美「なんだろう、負ける気しかしないのは……(苦笑)。では、本日のお品書きに移ります」

・お品書き:
 超重神グラヴィオンZwei 11話~12話(最終回)
 ウルヴァリン 7話
 Rio RainbowGate! 7話
 とある魔術の禁書目録Ⅱ 19話
 お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 6話
 ヘタリア Axis Powers 17話~21話
 幕末機関説 いろはにほへと 16話
 這いよる!ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ(クラフト先生) 10話
 君に届け 2ND SEASON 5話
 フリージング 7話


忍「……金曜夜の録画の量は半端じゃないね……(げそ)」
那美「土曜と日曜も結構多いですよ~。まあ、消化しないとすぐにHDDパンクするんで頑張っていきましょう」
忍「はぁ~い……。んじゃ、まずはグラヴィオンから」

 少女視聴中……

忍「おー、これが原作の超重炎王斬か~。……でも、スパロボZの方が派手だったよーな……」
那美「コラコラ(苦笑)。で、最終回まで見たわけですが」
忍「1クールの前後期に別れてただけあって……色々と端折ってるなぁ、といった印象があるねぇ(苦笑)。特に最終回はもうちょっとエピローグ欲しかったよーな……。まあ、スーパーロボットのお約束を詰め込みつつ、『萌え』という概念が出来る直前の時代の要素全部ぶち込んだ、というコンセプトはかなり良いと思うね~。なんというか、カオスの中から生まれ出でる破壊力というか(笑)」
那美「言いたいことはなんとなく分かりますけど(笑)」
忍「荒削りでかなり投げっぱな部分も目立つけど……うん、普通に面白かったよ。第二次Zでは再び主力にしてやろうっと♪」
那美「では、次。ウルヴァリンです」

 少女視聴中……

忍「おー。サイクロプス出てきたからもしやと思ったけど……次回作は日本製X-MENか!」
那美「アメコミではなく、ジャパニメーションとしてX-MEN作るのは初ですね~。というか、モーガンさんはあの恥ずかしい衣装を着るんでしょうかね……?(笑)」
忍「配色がねぇ……。いよいよただの変態だもん(笑)。で、こっちの方だけど……ヴァダカひどいねー。完璧ニマヴカプのアポカリプス状態じゃないのさ!(笑)」
那美「下半身埋まって上半身に格闘戦しかけるとかまんまですよねぇ(笑)。で、Bパートは捻りすぎてて唖然とするよーな展開に……(苦笑)」
忍「ちょっとストーリー展開に無理ある気するなぁ(苦笑)。まあ、ウルヴァリンは戦闘シーンが全てなんで、そっちで魅せてくれればそれでいーや」
那美「そんな、投げやりな(苦笑)。……では、次。Rio行きます」

 少女視聴中……

忍「OP歌ってる人ちまちま変わるんだよねー。井上麻里奈Verは既にあったけど、今回はたかはし智秋Ver! なんでかアイマスやってるよーな気分に!(笑)」
那美「中の人効果ですね~(笑)。ということはその内竹達彩名Verとかもありそうです。で、お話の方はシリアス目ですねぇ」
忍「リナが敵に回りそーな、そうでもないよーな……。それと、今回は元ネタよく分からず! というのか、あったのかどうかも不明! ……というかさ、リナが突っ込んでたけど、あれもうディーラーの仕事じゃないよね(苦笑)」
那美「確かに『お客様が喜ぶから』なんて理由で許せる範囲は逸脱してますよねぇ。リオさんのお人好しぶりに憤慨してるようにも見えますよ~」
忍「敵に回ると見せかけて、実はただのいい人だったって方向性? それはそれで面白いけどねぇ。……さて、次~」
那美「禁書ですね」

 少女視聴中……

忍「人造天使発現編、ようやく話が動き出したねぇ」
那美「かなり丁寧に描いている印象ですよ」
忍「んー……。この第二期通して言えるんだけど、各エピソード前半はかなり良く作っているんだよ。ただ、バトルパートでの工夫が足りなさすぎる。そして、オミットするのがそのバトルパートに多いのも問題。この19話でても、木原のパンチが反射をすり抜けるところに、描写で一手間加えて、拳が吸い寄せられるような表現を入れれば、見た目にも分かりやすくなったと思うんだよね。原作が地の文で解説しているカラクリを映像表現する努力を一切放棄しているのが残念でならないなぁ」
那美「き、厳しいですねぇ……(汗)」
忍「第一期ではほぼ完璧に近かったからこそ、余計にねー……。んじゃ、次行こう」
那美「忍さんお待ちかねの兄好ですよ~」
忍「おー! バカアニメ! 今週はどんな大惨事が!!(ワクワク)」

 少女視聴中……

忍「あははははは!? 今週もひどすぎるわーーー!?(爆笑)」
那美「繭佳さんによる調教が着々と進んでますねぇ(笑)。奈緒ちゃん&彩葉ちゃんのタッグも為す術無し……というか、流され始めてますよ、これ(笑)」
忍「なんだか受け入れちゃってるけど……修輔にとっては黒パンストぐらいならまだしも、BLはハードル高いよねぇ(笑)。まー、繭佳も大概だけど……ヤンデレとして正しい反応を発揮している彩葉の横で、追い詰められる兄に萌えてるドSの奈緒が一番怖い気もするなぁ(笑)」
那美「モテモテじゃなくって、ただの女難と化してますからね~(笑)」
忍「あと……確かに黒パンストが重要なファクターだけど……ここまでパンストの質感に拘りまくったアニメを、私は見たことがない!!(爆笑)」
那美「つま先とか、スタッフ入魂の出来なんでしょうね~(笑)。……というか、今後の先が丸で読めないですよ、ほんとに(笑)」
忍「やー、これ、ほんとにDVD欲しいかも……。とりあえず、アニメ終わったら原作全部買ってこよう、うん」
那美「すっかりハマっちゃいましたね~(笑)。では、次はヘタリアです」

 少女視聴中……

忍「へー……。シーランドなんてのがあったんだ……」
那美「雑学の勉強になりますよね、これ」
忍「wikiで調べてみたけど……なんだこの、存在自体がネタの国(自称)」
那美「この理屈で行くと、公海上の岩の上に家立てたら独立国家作れますよねぇ(笑)」
忍「まあ、そんなの当然アウトなんだけどね(笑)。で、アメリカの倉庫掃除。あれだけ告知しまくっておいて、たった2回で終わり……。しかも大して面白くもないという……」
那美「まーまー(苦笑)。しかし、このペースだと来週で第一期終わりそうですね~」
忍「すぐに続けて第二期やるそうだけどね。そっちのがBS11的には本命らしいよー?」
那美「ついでに劇場版もやってくれるといいんですけどね。では、続けていろはにほへと~」

 少女視聴中……

忍「ぶははは!? 土方さん、顔本物そっくりじゃん!?(笑)」
那美「まあ、写真が残されてる方ですからねぇ。……にしても、あの白い月涙刀。やっぱり不穏ですねぇ」
忍「やっぱり、あれも蒼鉄の一手なんだろうね。わざわざあそこに残してあったんだから。次回で多少は分かるといいんだけど……」
那美「函館まで行くのかどうかも分かりませんからねぇ、現状だと。では、次行きます。ニャルアニを軽く」

 少女視聴中……

忍「毎回ちょろっと見えてたあの長方形、ちゃんと伏線だったんだねぇ」
那美「いやいや、あれでなんにも関係ないとかなったら、それはいくらなんでも乱暴すぎますよ(苦笑)」
忍「やー、これならやりかねないかなぁ、と……。なんかシリアスな引きと予告だけど、全部まるっと無視する可能性も捨てきれないしね~」
那美「……なんにも否定できない(苦笑)。しかし、これだけ好き放題やってると、逆に原作気になりますねぇ」
忍「元々はどんな話だったか知りたくなるよね~。あと、全然関係ないんだけど、CMでアイマス2が結構出てきたなぁ」
那美「本当に関係ないですよ!?」
忍「絵は綺麗なんだよなぁ……。むう、やっぱり夢のお告げ通りに買った方がいいのかしらん……?」
那美「知りませんよ(苦笑)。では、次は君届でーす」

 少女視聴中……

忍「あー、風早、一手遅い!!」
那美「健人くん、先手先手ですねー。そして言葉は何一つ嘘を言ってないけど、真実も言っていないという……(苦笑)」
忍「梅も使った手だけど、タイミングがばっちり噛み合ってるから効果絶大だよね。効果絶大すぎて健人おもいっきしカウンター喰らったけど(笑)」
那美「あの純粋な涙……効きますよね~」
忍「遊び人ほど擦れていない純粋な娘にやられるんだよね。海月姫の蔵之介なんかもそうだよね~(笑)」
那美「で、興味本位で近付いたらすっかり本気になっちゃってた健人くんの告白直後に風早くん到着……。これは、ひっくり返せるんでしょうかね……?」
忍「爽子が泣いたところで到着してれば『黒沼になにしてんだー!』とか言って殴りかかれたんだけど、全部終わった瞬間だから、手を出すに出せないよね、あれ(笑)。さてはて、どうする男の子!」
那美「来週を楽しみにしつつ、次行きます。フリージングです」

 少女視聴中……

忍「会長、強ッ!?」
那美「シフォン会長、学年1位だったんですねぇ……。3年で1位って事は、実質学園最強なんじゃあ……?」
忍「戦闘力もだけど、黒幕相手に交渉しかけるとか、とことんタヌキだよね~。この3年VSサテライザー(とその仲間)って構図は、元々色ボケの3年生が原因なんだけど……まあ、軍隊でもある以上、規律は必要かなぁ」
那美「今までは力尽くでどうにかなってたけど、サテライザー&ラナが規格外過ぎてこのまま行くととんでもない下克上が起こる寸前まで来ちゃった、って事なんですね。で、次回はシフォン会長の搦め手が炸裂、と(笑)」
忍「戦闘以外はからっきしっぽいしなぁ、サテライザー。ラナは世間知らずだし(笑)。まあ、戦闘に関してはどんだけハイレベルな技でも、一度見れば戦闘中にラーニング可能とか、ほとんど聖闘士みたいな無茶さだけどさー」
那美「こんな二人に愛されるカズヤくんは大変ですねぇ(笑)。というところで、今回はここまでですね~」
忍「はー……どうにか、終わった……」
那美「来週からはグラヴィオン無いからもうちょっと楽ですよ、きっと(笑)。それでは……せーのっ」
二人「「まったね~」」
【2011/02/19 15:02】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(4) |
02/18のツイートまとめ
kamonanban02

……なんか、すっげぇ久し振りにツイッター立ち上げた(爆)
02-18 15:06

というわけで、れーハ更新。今日はざっぴんぐハートの方が先に更新済みという逆転現象が起きております。 http://members.jcom.home.ne.jp/knb02/racingheart714.htm
02-18 15:08

神居祭3、もう来週なんだよね。ステッカー新作「おはらいするぞー!」など2種+再版1種、、東方どうでしょうEXTRA再版分入稿済でございます。物は少ないけど、来てみてねー。
02-18 15:09

……って、ブログに告知書かないとなぁ……。まあ、その前に例大祭での再版分の処理も色々あって忙しいんだが。
02-18 15:10

そーいや、今回は印刷所をゴロゴロと替えております。EXTRAは初めての所を試してみたが……非常に入稿作業がめんどくさかった……。刷り上がった物の出来によっては……とか言うぐらいにめんどかった(爆)。
02-18 15:13

とはいえ、冬コミ以外の時期は印刷所によって値引率がまるで違うので、こうやって探して回るのも悪くはないと思うんだ、うん。例大祭にしても、サンライズのフェアが再版用に良さそうだなー、と思って見積もりを依頼してみたしなぁ。でも、少数ならやっぱしモールか……?
02-18 15:15

@sierio はやぶさかい?
02-18 15:19

あー。虎の穴、こうなったかー。ちょっと考えちゃうよねぇ、いよいよ……。http://www.toranoana.jp/2999/20110216_toriatukai.html
02-18 15:31

【2011/02/19 04:01】 | ツイッターまとめ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ざっぴんぐハート @28
忍「スフィアの新アルバム、全容が公開になったね~」
Spring is here【限定生産盤】Spring is here【限定生産盤】
(2011/03/16)
スフィア

商品詳細を見る

那美「Spring is hereのPVも公開されてますね。春らしい……というか、いかにもスフィアっぽい曲になってますね~」
忍「アルバムのタイトル曲でトップに持ってきてるんだよね。で、前のアルバム以降のシングルの曲は全部入って前14曲。も、盛りだくさんだなぁ……」
那美「おまけDVDも内容濃いですからね~。地方の人はなかなか見られないものばっかりですよ」
忍「よし、今回もゲーマーズで買おう。あそこ、いろんなの付けてくれるから」
那美「普段は行きもしないくせに……(苦笑)。では、今日のお品書きです」

・お品書き:
 ハナタレナックス 沖縄の旅④
 幕末機関説 いろはにほへと 15話
 咎犬の血 11話


忍「おや。随分少ない」
那美「今週はストック消化しましたからね。あとはふもっふを地道に消化するぐらいなんですけど、店長曰く「さすがにそんなヒマはない」とのことです」
忍「実は修羅場なんだよね……(苦笑)。んじゃ、さくっとハナタレから行ってみよ~」

 少女視聴中……

忍「ナックスのサブリーダーって、安田顕だったんだねぇ……」
那美「知りませんでした……というか、それっぽいことしたの、見たことないんですけど(笑)」
忍「無口なド変態だからねぇ(笑)。今回も漫湖で喜んじゃって(笑)」
那美「それ、安田さんだけじゃないですよ(苦笑)」
忍「さすが、永遠の中学生(笑)。……にしても、リーダーはほんとに死んじゃうんじゃないの?」
那美「3日続けて40℃近い高熱とか、伊達に入院してませんねぇ……(汗)」
忍「まー、おかげで3日目のさぶをよむは大分楽なんだけどさ(笑)。てびちはどうにか食べれたけど、来週のステーキはどうかな~」
那美「ダメそうな感じしかしませんけどね(苦笑)。では、次~」
忍「いろはにほへと~」

 少女視聴中……

忍「戦災孤児を描くのは高橋良輔監督の定番だね~。……で、本編の方は、月涙刀がもう一振りって……?」
那美「……なんで赫乃丈さんが選ばれたんでしょうねぇ……?」
忍「徳川家康が永遠の刺客だった、てのもすごいけど……日光東照宮の封印解いたのって、たぶん蒼鉄だよねぇ……。だとしたら、赫乃丈の仇討ち自体も奴の筋書きの上なんだろうなぁ」
那美「にしても、覇者の首ってすごいですね。香炉に残留した力だけで守護者呼ぶとか」
忍「あの香炉がないと守護者呼べないのかもしれないけどね~。……というか、赫乃丈が手に入れた月涙刀……ひょっとして、覇者の首に汚染されてない……?」
那美「……なるほど、それならOPに繋がりますねぇ」
忍「蒼鉄の筋書きが深すぎてよく分かんないよ!(苦笑) で、次回は遂に土方歳三登場だね」
那美「薄桜鬼を重ねちゃいますねぇ(苦笑)。では、次~」
忍「……美由希ちゃん、入ってきなさい(苦笑)」
美由希「(影のように現れて)……では、失礼して。咎犬の血です♪」

 少女視聴中……

那美「ああああ、ケイスケさんが!?」
忍「……なんか、随分あっさり死んじゃったねぇ(苦笑)」
美由希「ですね~。これではアキラが一体なんで身体張って助けたのやら……」
那美「……お二人とも、ドライですねぇ(汗)」
忍「まー、ニトロ作品だし、メインキャラばったばた死んでなんぼでしょうよ(苦笑)」
美由希「そうですねぇ。まあ、存在意義は薄かったけど、これでアキラ覚醒フラグになるんでしょうかね?」
忍「スーパーサイヤ人だねぇ(苦笑)。……でも、正直それぐらいしないと、ナノとシキの強さがインフレし過ぎててアキラ丸で話に絡めなくなっちゃうし」
美由希「まあ、それはそれとして、私としては諸肌脱いだナノにドキドキしたわけですが」
忍「男の乳首は年齢制限に引っ掛からないから、腐女子は得だよね(笑)。というか、なんでいつまで経っても女性向けは野放しなんだろうか……」
那美「最近はさすがに規制も増えてきてるらしいですけどね(苦笑)。さて、咎犬の血も次回で最終回らしいですよ?」
忍「なんだ、1クールなのか。色々と物足りないなぁ……」
美由希「本当に……」
那美「なんだろう……お二人のニュアンスが微妙に違う気がする……(苦笑)。では、今日はここまで」
三人「「「まったね~」」」
【2011/02/18 12:41】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(5) |
ざっぴんぐハート @27
忍「むう……フリオーソとトランセンド切れば、面白い馬券になりそうな……」
那美「あ、フェブラリーSの追い切りですか?」
忍「最有力の逃げ馬2頭が東京マイルに不安あるからねぇ。これは波乱の予感がするんだけど……どれが来るかとなるとまだまだ悩むなぁ……」
那美「悩むのはいいですけど……わたし達、れーハにまだ戻れないんですが……」
忍「……それぐらい、分かってるってば……。まー、土曜日に予想してみようかなぁ。晶のワイドボックスじゃない、私の本気の予想を!」
那美「それだと晶ちゃんの予想が本気じゃないみたいじゃないですか(苦笑)。……えー、では今日のざっぴんぐハート、進めていきたいと思います。本日のお品書きはこちら~」

・お品書き
 ブギウギ専務 いい旅ブギ気分・道東編②
 イナズマイレブン 119話
 ドラゴンクライシス! 6話
 スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- 17話
 幕末機関説 いろはにほへと 14話
 GOSICK-ゴシック- 1話


忍「んじゃ、まずはブギウギ専務からいってみようか」

 少女視聴中……

忍「あはははは!? なんだ、アレ!? 中標津、なんで巨大な鮭の頭が地面からいきなり生えてんの!?(爆笑)」
那美「一体、どういう意図のオブジェなんでしょうか……。夜中に見たら、怖いですよ、アレ(笑)」
忍「ほんとにねー。あとは……わくちん、色々と理不尽すぎ(苦笑)。専務いじめてるだけじゃん、アレだと! しかも挙げ句に逆ギレして泣くとか、暴君にも程があるわ!(笑)」
那美「その暴君、来週いよいよ本気で牙を剥くみたいですねぇ。……専務、無事に朝日を拝めるのかなぁ……」
忍「微妙なところだねー(笑)。んじゃ、次ー」
那美「イナズマイレブンでーす」

 少女視聴中……

忍「いやー、サッカー馬鹿だね!」
那美「陰謀は全て払拭、あとは一番強いチームを決めるだけですからね~」
忍「しかし……ロココ、肩の怪我が治りきっていないのに、円藤の上行くとか……化け物だなぁ(汗)」
那美「これは決勝は1点勝負になるかもしれませんね。イナズマジャパンの得点の鍵は虎丸と豪炎寺、不動トリオの新必殺技でしょうか……」
忍「それ以前にコトワール、イタリアから7点も取れる攻撃力があるんだよね……。円藤に通常シュートはなかなか通用しないんだけど……ストライカーの数次第かな~」
那美「そのイタリアが次回は特訓の相手になってくれるみたいですね。オーディンソードはまだキャッチできていなかったはずなんで、いい指標になるかも。と言うところで、次に行きます」
忍「ドラクラの新章~」

 少女視聴中……

忍「今度はワーウルフの怪盗かー。……にしても、なんというお約束の山……(笑)」
那美「それが好きなくせに(苦笑)」
忍「まあね~。しかし、この一件でまた竜司の名前は知られることになりそうだよねぇ」
那美「レッドドラゴンとエンゲージした10レベルのブレーカーがロストプレシャス泥棒のワーウルフの問題を解決とか、センセーショナルにも程がありますもんね(笑)。……でもまあ、オニキスとかに対抗するには、いろんなコネ作った方がいいかもしれませんね~」
忍「半端に有名になっててローズと竜司目的にいろんなの集まってくるぐらいなら、開き直った方がいいかもね、確かに(笑)。さて、この問題、どう片を付けるのやら」
那美「それは来週のお楽しみ、ということで。では、次のスパロボOG行きます」

 少女視聴中……

忍「グレイターキン、強ッ!?」
那美「MAPWはずるいですよね、やっぱり(苦笑)。メキボス大暴れで形成一変、更にシャドウミラー襲来で二転、その上アインスト介入で三転と目まぐるしい展開ですね~」
忍「エキドナが黒いアンジュルグで登場とか、サプライズだね~。ユウとカーラがようやくランドグリーズとかを手に入れて目立てるな~、と思ったらあっという間に持って行かれちゃって(苦笑)。で、エクセレン拉致はここ、と。ライン・ヴァイスリッターがアニメでどんだけグリグリ動いてくれるのか、超楽しみだな~。ハウリングランチャーとか、無茶な演出を期待!」
那美「それ、まだまだ先の話ですよ!(苦笑) 大体、龍虎王もまだ出てないのに~」
忍「あ、そうか(笑)。それはそうと、ED変わったねぇ。なんか画像使い回しばっかりだけど」
那美「その内完成するんでしょうかね……。さて、次はいろはにほへとです」

 少女視聴中……

那美「話の転換点ですねぇ」
忍「つまりあれか。蒼鉄は秋月を媒介にして、確実に榎本武揚に覇者の首を憑依させたのか~」
那美「……でも、なんのために?」
忍「……武家社会に引導渡すためじゃないかな? 実際、函館戦争で武士は完全に滅びるわけだし」
那美「あー……そう言うことなんですか?」
忍「榎本の作る国が目的ではないでしょー。というか、どこまで先見てるんだろ……」
那美「さっぱり分かりませんよ、わたし……(苦笑)。えー、では最後は新番組のゴシックです」

 少女視聴中……

忍「これは……すっごい出来良いね!」
那美「ミステリーである原作の色も損なっていないし、近代のヨーロッパでの空気も再現しているし……言うこと無いんじゃないでしょうかね~」
忍「悠木碧がヴィクトリカを見事に表現してるしね。そうか~、確かにかわいい女の子のしゃがれ声……うん、この人以上に合う人いないかも」
那美「ころんころん転がるヴィクトリカもすっごくかわいく表現されてますね~。あと、警部のドリルも(笑)」
忍「細かいところまで色々と良くやってるよー。ほんとに期待できそう! ……って、そう言えば、随分しばらく原作読んでないなぁ……」
那美「忍さんはどの辺まで読んだんですか?」
忍「なんだっけ……サーカスだかイリュージョンだか見に行って、ヴィクトリカ助ける話? その後、しばらく続き出なくなって、すっかり忘れてたんだよねー。……まとめて続き入手してくるかな~。出てるかどうかも知らないけど!!」
那美「まあ、本屋さん行った時にでも見ればいいと思いますよ(苦笑)。
 さて、ちょっと遅くなりましたが……コメントから一つ。浅野さんのご意見です」

>>夢
>何を示唆したものかは置いといて、プロデューサーがカモってオチなのかなと(爆)


忍「そうかそうか、買わない、とか言ってた人も、結局ソフト買わされてカモられる……ええい、引っ掛かるかぁ!!」
那美「XBOX360もしばらく起動してないですもんね(苦笑)。……でも、なんだかんだで買いそうですよ?」
忍「いやぁ……ただ、手持ちが心許ないから、発売日に買うことはないかも。売り切れることはないと思うんだけどね~。……だって、ファミ通のランキング、ずーっと圏外だよ?(笑)」
那美「ものすごく嫌われちゃってますよねぇ(苦笑)。おそらく、他の人の評価待ち、という人も多いと思いますし」
忍「問題は、評価高かった時に即座に売り切れ、となった場合だよね。……正直、そんな事態が来るかどうかは疑問だけどさ(苦笑)。というか、PSPかDSで律っちゃん主役にして竜宮小町の3人をソロでプロデュースできるような番外編出した方が売れる気がする……」
那美「秋月律子、まさかの主人公化ですか(笑)。それはそれで面白そうですけど……」
忍「まあ、無いだろうねぇ……(苦笑)。というところで、今日はここまで! せーの」
二人「「まったね~」」
【2011/02/17 10:44】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(0) |
ざっぴんぐハート @26
忍「はいはーい、一日振りのざっぴんぐハートです」
那美「寒さが多少緩んできたとはいえ、まだまだ寒い本日も、あったかくしてお送りします」
忍「今日のお品書きは、こちら!」

・お品書き
 これはゾンビですか? 5話
 幕末機関説 いろはにほへと 12話~13話
 スカイガールズ 4話
 おにぎりあたためますか 全国制覇2週目・佐賀編④


忍「つーわけで、ゾンビ様から行くよー!」

 少女視聴中……

那美「なんで血を吸うだけであんなにえっちいんですか!?(笑)」
忍「やー、吸血行動って性行為に準じる何かがあるからねぇ。エロいのは仕方ない!」
那美「そんな、胸張って言われても……(苦笑)。で、お話は大きく動きましたね」
忍「やっぱりツインテの京子ちゃん、ユー狙いだったか。……つーか、魔装少女で歩を殺した張本人って……最初のボスキャラだねぇ」
那美「その上、魂喰らって命のストックでもあるのか、不死身ですねぇ。これ、ユークリッドちゃんじゃないと、どうにか出来ないんじゃあ……」
忍「でも、京子の狙いもユーでしょ? なんか策はあるだろうし……ううむ……」
那美「来週が待ち遠しいですねぇ。では、次へ行きます」
忍「いろはにほへとを2話続けて!」

 少女視聴中……

忍「んー……。蒼鉄の狙いが分からない……」
那美「えーと……榎本武揚に覇者の首を乗り移らせたのが、蒼鉄先生的には正解なんですよね……?」
忍「なんだろうねぇ。……じゃあ、一時的に首を制御下に置いたのやら、中居屋をあんな大舞台で、なおかつ魔法陣の中で殺した理由って……」
那美「色々と分からないことだらけです……。あー、モヤモヤする!」
忍「ほんとにねー。……次行こう」
那美「はーい。スカイガールズです」

 少女視聴中……

忍「1話丸々使って新キャラの登場と可憐のキャラの掘り下げか~。1クールだと、こういう地味な積み重ねがないんだよね~」
那美「この辺りが2クール物の強みですね」
忍「うん。だけど、それ以上に『無駄なエピソードが存在していない』印象なんだよね。これ、相当よく考えて話構成してそうだなぁ」
那美「忍さんの評価が高いですね~」
忍「そりゃ、一定の評価を得ている作品の再放送だからねぇ。十把一絡げの現行作品とはちょっと違うかもねぇ」
那美「そんなものですかね~。では、今日は次で最後。おにぎりです」

 少女視聴中……

忍「あー……竹崎の焼きガキ&焼きガニ……そして、北方チャンポン…………佐賀行きたーーーーい!!」
那美「あのチャンポンは本当においしそうでしたねぇ……。で、佐賀は今回でおしまい。次回からは……札幌ですか?」
忍「地元だけあって、オクラホマも出てくれば、遂にリーダー・森崎も登場するみたいだねー。色々と楽しみなんだけど……びっくりドンキー1号店とか、どうなのよ!?(笑)」
那美「と言うか、びっくりドンキーって札幌発祥の店だったんですか?」
忍「みたいだねぇ……。知らなかったなぁ」
那美「そして、オクラホマの河野さん。……なんだか、ほんとに兄弟なんですけど、この浜頓別のラーメン屋さん!」
忍「藤尾も会ってるから、結構印象強いんだよねー。夜中は焼き肉ややってるだけあって、豚トロ丼がすっごいおいしそう……。でも、浜頓別は行かないなー(苦笑)」
那美「遠すぎますよ(笑)。と言うところで、今日はここまで!」
忍「れーハが今日にずれ込んじゃったから、こんな物か……。んじゃ、せーのっ!」
二人「「まったね~♪」」
【2011/02/16 14:51】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(0) |
ざっぴんぐハート @25
忍「はーい、今日もコタツからお届けするざっぴんぐハートでーす」
那美「今日は最初から美由希さんがいますよ~」
美由希「たまには堂々と。おはようございます、高町美由希です」
忍「んじゃ、今日は三人で最後まで見ていこうか」
那美「ええ。今日のお品書きはこちらです」

・お品書き:
 バクマン。 19話
 テガミバチREVERS 19話
 インフィニット・ストラトス 3話
 夢喰いメリー 3話
 海月姫 10話
 べるぜバブ 6話
 最強武将伝 三国演義 46話
 1×8いこうよ! 職業訓練所・探偵入門③
 STAR DRIVER 輝きのタクト 19話
 かみちゅ! 6話
 屍鬼 14話
 クイーンズブレイド 美しき闘士たち 5話
 みつどもえ 増量中! 6話
 フリージング 5話~6話
 レベルE 3話~5話
 スカイガールズ 1話~3話
 テレパシー少女蘭 20話


忍「じゃあ、バクマンから行こうか~」

 少女視聴中……

美由希「あー、いいですねぇ……。『お前じゃなきゃダメなんだ!』って台詞……(ほう)」
那美「えーと……あの場合、三好さんの立場は……?(汗)」
忍「まあ……これもジャンプ作品のお約束、っていうことで(笑)。で、コンビ解散からの再結成。早いよねぇ、この展開」
美由希「以心伝心、相思相愛って奴ですよね~」
那美「使い方として正しい気もしますねぇ(苦笑)。では、次はテガミバチR」

 少女視聴中……

忍「う~ん……。リバースも政府も、どっちも酷いと思うんだけど……」
美由希「こういう時は、末端の兵士だけが傷ついていくんですよねぇ……」
那美「ラグ達は兵士じゃないですけどね~。……というか、アンバーグラウンドには警察機構はないんですか?」
忍「……言われてみると……。テガミバチはあくまで郵便配達が主任務だよね?」
美由希「その途中で鎧虫が出るから、対鎧虫戦闘技術は持ってるけど……対犯罪組織は別のはずですよね」
忍「まあ、リバースは手紙を奪うから、それに対する自衛はいいとして……こいつらを追うべき専任の組織ってのがないのが不思議だなぁ。……世界観の不具合?」
那美「忍さん、なんか発言が不穏です(苦笑)。では、次~」
忍「ベタなIS、ゴー!」

 少女視聴中……

忍「やー、ベタいね。一夏の朴念仁ぶりが!!(笑)」
美由希「あれで気付かないってのは……恭ちゃんもビックリの鈍さですね~(苦笑)」
那美「でも、一応異性にドキドキはするみたいですよ? 箒さんの着替えとか」
忍「いや、あれは箒の戦略だよ! わざと聞かせてるんだって!(笑)」
美由希「ですよね~。無意識かもしれませんけど(笑)」
那美「そして、案の定セシリアさんがメロメロになっちゃってますね~。……まあ、あんなカッコいい顔を見せられちゃうと、アウトですよ(笑)」
忍「頑張ってアタックするけど、ファースト&セカンドのダブル幼馴染みの壁は分厚いよねぇ……。で、そのセカンド幼馴染みの鈴! これまたスムーズに合流したねぇ」
那美「違うタイプの幼馴染みが二人も登場するのって珍しいかもしれませんね。この子もきっと、一夏さんのニュースを聞いて、色々無理して日本まで戻ってきたんでしょうねぇ……」
忍「なのに、暗に『お嫁さんにして』って言ったのを本当に表面だけで覚えられてたとかねぇ……。そりゃ怒るわ(笑)。横で聞いてた箒だって怒るよ!(笑)」
美由希「なんというか……本当に『日本男児』のエッセンスを抽出したような男の子ですよね、一夏さん。女の子ばっかりの所に、ああいうある意味硬派で、それでいて取っつきやすい人がいたら、それはもてるでしょうね~」
忍「でも、本人は色恋沙汰に鈍い上に、今はそれどころじゃない、と。箒にしろセシリアにしろ鈴にしろ……あれを落とすのは、本気で大変だぁ……(笑)」
那美「ISのトップパイロットになるより大変でしょうね(苦笑)。では、次行きます」
忍「メリーだね」

 少女視聴中……

美由希「……なんだろう? なにか、微妙な違和感が……」
忍「美由希ちゃんも感じるかー。やっぱり、不自然なまでのアップの多さが引っ掛かるよねぇ」
那美「でもまあ、こだわりは感じるんですよね。3話はまだちょっとマシだった気もしますし」
忍「そうだねぇ……。ただ、地デジ・ハイビジョンとなると……この手法はかえってマイナスかも。特に大画面で見ると、違和感が強くなり過ぎちゃう。決してそんなことはないんだけど、止め画の多用・紙芝居アニメと同じような印象を受けちゃうんだよ」
那美「何とも加減が難しいですねぇ」
忍「あと、『このアニメで何を見せたいのか』というのが見えて来づらい。まあ、まだ3話なんだけど……微妙だな~」
那美「う~ん……。では、次いきます。海月姫で」

 少女視聴中……

忍「月海のクリエイター魂に火が付いたね~」
那美「千絵子さんもいたからこそのドレスの完成でしたね」
忍「だね。尼~ズの5人の中で、月海と千絵子さんの二人だけはクリエイター系のオタなんだよね。だから、一度『物を作る』という方向性に火が付いた時の爆発力は計り知れないものがあるって事だよ」
那美「あとは……修さんですか(笑)」
忍「男の純情、大爆発(笑)。あれはアバズレの翔子には逆に効くんじゃない?(笑)」
美由希「攻守交代って奴ですね(笑)。……で、中華街の二人のは一体……」
那美「あ、そうですね。あそこまできちんと出すって事は、何かのフラグなんでしょうけど……でも、もう次回で最終回ですよ!?」
忍「全11話……ちょっと短いね。でも、おかげでフラクタルは案外早く見れそうかな~」
那美「わたしとしては、海月姫ももっと見たいんですけどねぇ。……では、次はべるぜバブです」

 少女視聴中……

那美「今回はショート2本でしたね~」
美由希「女装少年、いいですねぇ……(ほう)」
忍「いやぁ……男鹿と古市のナースとは、意外なものを……(苦笑)。というか、あの古市の美しさはなに?(笑)」
美由希「あれがいいんじゃないですか~」
那美「うう……よく分かんない……(汗)。では、次~」
忍「三国演義~」

 少女視聴中……

忍「あーあ。馬謖斬られちゃった」
美由希「しょうがないですよねぇ……。高地確保はどっちかというと近代の戦術ですし」
忍「そうそう。火砲が発達していないとあんまり意味無いんだよね。山城は確かに昔から効果ある戦略拠点として重用されてるけど、それも補給路を確立してなんぼだし」
美由希「野戦で高地確保、というのはアレですねぇ」
那美「あと、魏延がすっごい悔しそうでしたね~」
美由希「そうですね。仲達も言っていたとおり、孔明が魏延の策を取り入れていたら、北伐は完了していたかと」
忍「諸葛亮の最大の失策はあそこだね~。まあ、馬謖がポカやらなければ、あのままでもいけたんだろうけど……」
那美「流れるようなやりとりですねぇ……(苦笑)」
忍「こーいう話は美由希ちゃんの方が食い付きいいからね~」
美由希「ともかく、肝心なところで失敗するのが蜀なんですよ」
那美「なるほど~……。では、次。1×8です」

 少女視聴中……

忍「大泉はなんでも器用にこなすねぇ」
那美「基本的に適応能力高いですから。……それに比べて……(苦笑)」
忍「……うん、まあ……。木村洋二には奇跡の神様が付いてるよねぇ……(笑)」
美由希「……尾行にメガネ忘れるとか……普通に急接近して真正面から直立不動で写真撮るとか……ぷくく……(笑)」
忍「美由希ちゃんのツボに入ったみたいだね~(笑)。で、来週からは大型企画……って、ねぶたに長崎くんちに富良野の臍踊り?」
那美「とりあえず、お祭りに関係したことやるんでしょうかね……?」
忍「さて、どんなのだろうね。んじゃ、次~。スタドラ!」

 少女視聴中……

忍「いや~、タウバーンカッコイイね! パイル使って空飛んじゃったよ!」
那美「相手のサイバディが変形したのもビックリでしたけど、その上を行きましたね~。ドッグファイトからのタウミサイルは本当に熱いですよ~」
忍「でも、負けてもあの余裕……。マドカとコウの二人は、本気で怖いなぁ……(汗)」
美由希「それはともかく、ワコさんは両手に花で本当にいいですねぇ……」
那美「使い方、なんとなく合ってる気がしますね、それ(笑)。あ、後なんかルリさんの方が思いの外順調ですね」
忍「…………順調すぎる」
那美「……どうしたんですか、難しい顔して(汗)」
忍「いやね? サブキャラがあんまり幸せになるってのは……大抵、最後に極度の悲劇に見舞われるフラグなんだよ……」
那美「ふ、不吉なこと言わないでくださいよ(汗)」
美由希「……いえ、確かにパターンですね。ルリさんが生け贄になる可能性は極めて高いかと」
那美「こ、怖いなぁ……(汗)。えーと……それでは、次はかみちゅ!です」

 少女視聴中……

那美「あ~、甘酸っぱいお話ですね~」
美由希「自分が好きな人への告白の手伝いって、定番ではあるんですけど……神様じゃ、断れませんから(笑)」
忍「いやまあ、これも全部無茶な企画立てた祀のせいだと思うんだけどさ(苦笑)。でも、後輩の能登ちゃんの出現が、ゆりえに一歩前に出る勇気を与えた、とも言えるかなぁ。……というか、能登ちゃんの方が大人だよね(笑)」
美由希「告白して玉砕した直後に、ゆりえに「次は先輩の番ですからね!」とか言うのは女前でしたね~」
那美「それ以前に、並んで座っていると、ゆりえちゃんの小ささがより際立っちゃうのが何とも(苦笑)」
忍「心身共に中学二年のレベルには届いていないって事なのかな(笑)。さて、次~」
那美「屍鬼ですね」

 少女視聴中……

美由希「これは……面白いですねぇ……」
那美「さすがは本の虫ですね……(苦笑)」
忍「先生はとうとう人の道を踏み外したね。人を守るために」
美由希「相手が完全に人間に敵対している以上、人間も倫理を捨てて鬼にならなければ生き残れない。その生成過程を描くのは珍しいですよねぇ……」
忍「うん。人間の心とか倫理ってのは、相手が共存できるって前提の上に成り立っているからね。屍鬼が人間のみを捕食して生きていて、なおかつ共存する気はゼロである以上、この展開はある意味当然かな……」
那美「でも、相手は生前の人格を保ったまんまですからねぇ……。先生みたいに渡り切れちゃう人はなかなか……」
忍「若御院なんかは、砂子にコネクションが出来ちゃった以上、向こう側になるのかな……。あと、田中姉弟ももはや風前の灯火だねぇ……」
那美「九分九厘、アウトでしょうねぇ。一方、行方不明になった夏野さんが気になります」
忍「きっと、ヴェドゴニアになって帰ってくるよ、アレ。問題は、デイウォーカーの辰巳をどう倒すのか、だけが問題かな」
美由希「日中動ける吸血鬼って、ほとんど弱点無いですからねぇ」
忍「どうかな~。吸血種って言うのは弱点を増やして代わりに自分の力を増大させる限定強化の典型体だからね。日中動ける辰巳は、屍鬼として致命的に足りない何かがあるかもしれないよ」
那美「なるほど……。では、次は……クイーンズブレイドOVAの5巻ですね」
忍「AT-Xで放送してくれてるんだよね~」

 少女視聴中……

忍「あはははははは!? ナナエル、堕天! いつかやるとは思ってたけど、ここまで強烈とは!!(爆笑)」
那美「もう、ラスボス級の暴れッぷりじゃないですか(苦笑)。ハチエルさんもアニメで初戦闘でしたけど、一蹴されちゃうし(笑)」
美由希「しかも天使長……ナナエルを堕天させて核爆弾みたいな使い方で沼地の魔女の領地を壊滅させましたねぇ……(苦笑)」
忍「ナナエル堕天織り込みで放り出すとか、天使長も昔はナナエルみたいな無茶な天使だったんじゃないかなぁ……(笑)」
那美「でも、確かにナナエルさん、破天荒で無茶苦茶ですけど、不思議と人望あるんですよね~」
忍「人望というか、人間的魅力だね。三下でどうしようもないんだけど、どうにも憎めない。ああいうのは成長したら超大物になるよ~」
美由希「天使長も辿り着ける頂点を見越しての期待なんでしょうね。……でも、まだまだ問題起こしそうだなぁ(苦笑)」
忍「起こさないわけ無いじゃない(笑)。……で、OVAも次回で最終回か~。最後は縛り!」
那美「そこを強調しない!(苦笑) では、次は……みつどもえです」

 少女視聴中……

美由希「ぷっくくく……き、汚い……(笑)」
忍「おー。美由希ちゃんが下ネタでツボった(笑)」
那美「小学生ならではの雪ネタに、トイレ争奪戦と、アレな話が多かったですね~」
忍「あとはふたばとしんちゃんが多めだったかな。両親公認の時点で好きでしょうがない隊の勝ち目は薄いな~。……というか丸井父は、見事な手作りチョコだった時点でひとは作って見抜かなきゃダメだよね(笑)」
那美「丸井家で料理できるのひとはちゃんのみですからね(笑)」
忍「そして……ある意味子供達よりもカオスな親共がいよいよ揃い始めたね!」
美由希「佐藤くんと千葉くんは母親も中の人が演るんですね~」
那美「ちょろちょろと出てたんですけどね~。千葉母と、吉岡両親、おがちん兄はここが初登場かな?」
忍「おがちんの兄貴はこのあとものすっごい騒動起こすんだよね……(笑)。そう言えば、先週のチャンピオン。ひとはがかわいすぎるんだけど!」
美由希「あー、読みました。松岡さんとなんだかんだで仲いいですよね~」
那美「でも、ひとはちゃんの友情がまっすぐ届く日は遠そうですけどね……(苦笑)。では、次は……フリージングを溜めてた分もまとめて」

 少女視聴中……

那美「ラナさん、かなり情熱的な方ですね~」
忍「まっすぐな熱血バカって感じだけどね(笑)。やー、しかし一人の男を巡ってガチで殴り合い……。3年生の策謀によるものとはいえ、ひどいね!(笑)」
那美「なんで笑ってるんですか(苦笑)。でもこれ、やっぱりサテライザーさんが3年生倒したことに関連してるんでしょうかね?」
忍「じゃないかなぁ。というか、アーサーも巻き込まれてるのに、ガネッサは何してんの!?(笑)」
那美「きっと知らないんですよ(笑)。なんだかすっかり新キャラの引き立て役になっちゃってますけどね、今では(笑)」
美由希「あ、知ってます。テリーマン現象って奴ですね?」
忍「いや、美由希ちゃん……当たってるけど、さすがにひどい、それ(苦笑)」
那美「あはは(苦笑)。えーと……では、次はレベルEをまとめて」

 少女視聴中……

忍「……ひー……ひー……誰か、王子を止めて……(←笑いすぎで酸欠中)」
那美「やりたい放題ですねぇ、ほんとに……(笑)」
美由希「ブラックジョーク満載ですね、ほんとに(笑)」
忍「やー、ひどいったらないねぇ(笑)。そして、全ての悪巧みが最終的に全部クラフトに向かうようになっているところに凄まじいタチの悪さを感じるよ(笑)」
那美「王子以外の登場人物は基本的にみんな善人なのがまた王子の酷さを際立ててますよね~」
忍「うんうん(笑)。……で、原作の話ほとんど忘れてるかなー、と思ったんだけど、見ていく内に記憶戻ってくるね。やっぱりインパクトあったんだなぁ、レベルE」
美由希「記憶は思い出しにくくなるだけであって、完全になくなってしまうわけじゃないらしいですからね~
忍「きっかけあれば古い引き出しでも開けられるって事だねぇ。……さて、次行こうか」
那美「AT-Xで再放送が始まったスカイガールズですね。1話から3話目で一気に行きますよ~」

 少女視聴中……

忍「……これ、面白いなぁ~。王道SFロボット物としても十分楽しめるよ」
美由希「『トップを狙え!』とかの系統樹ですよね」
那美「ストライクウィッチーズの島田フミカネ原作のもう一つの代表作ですからね~」
忍「OVA版は見たことあったんだよ。その時から設定良くできてるな~、とは思っていたんだけど、2クールじっくりとかけて描写できるTV版だと更に深みが増してるような」
那美「クオリティも非常に高く感じます」
忍「うん。2007年のJ.C.作品で、岩崎監督でしょ? 一番クオリティ高かった頃だね~。これは本気で安心して見れそうだなぁ」
那美「次回以降も楽しみにしましょうか。では、最後はテレパシー少女蘭です」

 少女視聴中……

忍「あはは、なんつー間抜けな推理劇(笑)」
那美「でも、こういうほのぼのとしたのがこの作品のいいところですよ~」
忍「蘭の超能力親バレに際して、凜も『妹にあんな力あるんだから、俺にもあるんじゃね?』と思うのも分かる。けど、それと関係ないラブレター騒動って……(笑)」
美由希「でも、あれだけ好き好きオーラを出してる翠ちゃんの横でスルーできる凜さんもいい性格してますよね(苦笑)」
忍「あー……まあ、中学生に手を出すすごい人にはなりたくないんじゃない? 上条さんみたく(笑)」
那美「女の子の方からしたら何の問題もないんですけど、男性側からしたらロリコン容疑かけられそうですからねぇ(苦笑)」
美由希「年齢なんてそんなに関係ないと思うんだけどなぁ……」
那美「そうですねぇ……」
忍「何か二人がしみじみとしちゃったので、今日はここまで! せーのっ」
三人「「「まったね~☆」」」
【2011/02/14 20:54】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(0) |
ざっぴんぐハート @24
忍「やー……昨日、変な夢見ちゃってさぁ……」
那美「いきなりなんですか(笑)」
忍「いやね? なんか、765プロのプロデューサーやってるみたいなんだよ、夢の中の私。で、温泉でイベントあって、そこで一仕事終わった夜。なんだか歌声聞こえるなぁ、と思って娯楽室みたいな所覗いたら、765プロの面々が雀卓囲んでるの」
那美「なんで歌声?(汗)」
忍「千早が歌を口ずさみながら打ってたんだよ。で、その卓にはあと律子と小鳥さんがいて、三人で打っててね。あ、ちなみに、もう一卓は春香と雪歩、やよいと伊織が打ってた」
那美「はあ」
忍「で、律子が南場からで良ければ途中参加する?って聞いてきたから、頷いたら武士の情けよ、と言って一万点棒くれてね」
那美「なんで途中参加の上に、一万点……」
忍「で、打ち出したんだけど……小鳥さんがドラの六筒を捨てたから、すかさずポンしたの。で、その後、律子がもういらないって、そのドラ捨ててね?」
那美「浮いてたんですかね~?」
忍「で、私既にリャンシャンテンだったんで、すかさずチーして拾ったワケよ。これでタンヤオドラ4確定!って思ったら……捨て牌を即座に律子にロンされてね。「出ると思ってたわ」としたり顔で言われたところで目が醒めた。……これってさ、どういう意味がある夢だと思う?」
那美「知りませんよ!?(笑) えーと……アイマス2を買え、という啓示では……?」
忍「そうなのかなぁ……?」
那美「まあ、そんなどーでもいい夢の話は置いておいて、今日のお品書きです」

・お品書き:
 超重神グラヴィオンZwei 9話~10話
 ウルヴァリン 6話
 Rio RainbowGate! 6話
 とある魔術の禁書目録Ⅱ 18話
 お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 5話
 幕末機関説 いろはにほへと 11話
 ヘタリア Axis Powers 12話~16話
 這いよる!ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ(クラフト先生) 9話
 君に届け 2ND SEASON 4話


忍「んじゃ、グラヴィオンから~」

 少女視聴中……

忍「あはは、超ベッタベタ!(笑) でもって、最後は城が飛んだよ!?」
那美「あのくだりはスパロボではなかったですね~」
忍「大体の流れはゲームで知ってるとはいえ……うん、確かに熱い。熱いけど……ダメだ、この二話、あまりにもベタすぎて!(笑)」
那美「そのベタなのが、大好きなんですよね?」
忍「うん!(←超笑顔)」
那美「分かりやすいですねぇ(苦笑)。では、次行きましょう。今回は昨晩録画した順番に攻めていきますよ~」
忍「なるほど、だからウルヴァリンなのか……」

 少女視聴中……

那美「今回から舞台が変わりましたね~」
忍「そうだね~……って、なにこの島!? 世紀末!? モヒカンの連中がヒャッハー!って言いながらバイクに乗ってモーニングスター振り回してるよ!?(爆笑)」
那美「なかなかに壮絶な島ですよね(苦笑)。でも、信玄が政略結婚進めていた理由がようやく分かりましたね。アジアの海賊の頭だったんですねぇ、黒萩」
忍「で、出してきたのがジャガーノートやアポカリプスみたいなでかいの。……ほんとになんだ、この島!?(笑)」
那美「あと、サイクロプスは送ってくれただけでしたね」
忍「これはあれかな。ウルヴァリンの次はサイクロプス主役なのかもね」
那美「ああ、ちょい見せですね~。さて、次はRioでーす」

 少女視聴中……

忍「対戦相手が、マイティ・ボン・ジャックだと……!?(わなわな)」
那美「テーマ曲がそのまんまでしたね~。というか、かなりレトロゲームから色々引っ張ってきてません? この作品」
忍「ダーナとかね。……というか、ネタがマニアックすぎて気付いてないのも多いんじゃないかな、これ……」
那美「そう考えると、このアニメ、レトロゲーネタを探すというのがかなり面白い作品なのでは……」
忍「だね~。なんかすっごいゲーム知識試されてる気がして燃えるな~」
那美「なにか情報ありましたら、教えてくださいね~。では、次~」
忍「禁書Ⅱだね」

 少女視聴中……

忍「おー、やっぱりこのパートナーシャッフルの回は名エピソードだよね~」
那美「ですね~。すごく丁寧に作ってありましたよ」
忍「念願のイギリス清教女子寮も遂に出てきたし。神裂ねーちん、ナイス!(笑顔)」
那美「前々回に堕天使メイドとかもちゃんと出てましたからね(笑)」
忍「しかし……このクオリティでバトルパートも作ってくれればなぁ……。心理描写ってアニメでやるとめんどくさいのは分かるんだけどさ~」
那美「モノローグ無しの心理戦は、確かに小説ならではの描写方法とも言えますからね……。難しいところです」
忍「ま、次回からど派手でえぐいバトルになるから、ちょっと期待してみよう。んじゃ、次は毎週のお楽しみ、バカアニメ!」
那美「兄好ですね~」

 少女視聴中……

忍「あははははははは!? 今週もひどいーーー!!(爆笑) んでもって、こわいーーー!!(超爆笑)」
那美「忍さん、笑いすぎですよ(苦笑)」
忍「いやもー……今回から繭佳が参戦してきたけど……腐女子のご主人様ってのがもう……!! 登場キャラことごとくバカ!!(爆笑)」
那美「修輔さんに対する好位はあるんですけど……あれ、犬猫に対する物と一緒ですよね~(笑)」
忍「そうそう。で、奈緒はそれを的確に感じ取ってヘタレ兄萌えを満喫しまくってるけど……彩葉は普通にライバルと認識してるねぇ」
那美「スターライトゴーグル装備して尾行とか……既に想定の範囲内ですねぇ(苦笑)」
忍「彩葉はかなりヤンデレ入ってるからね~。ヤンデレ幼馴染みVS腐女子ご主人様か……。これは、なかなかの好カード!(笑)」
那美「聞いただけで頭痛くなりそうなんですけど、それ(苦笑)。では、次行きましょう」
忍「えーと……いろはにほへとか」

 少女視聴中……

忍「蒼鉄先生、榎本武揚に接触したのか……。そういえば、函館での海戦、ことごとく嵐に見舞われてたよね、この人の艦隊……」
那美「そこに覇者の首を絡めるんですかね。……でも、なんで秋月さんどころか一座まで覇者の首の守護者が襲撃を? あれこそ蒼鉄先生しか召喚できないモノじゃないんですか?」
忍「う~ん、いまいち目的が見えない……。中井屋も元気だったし」
那美「いつの間にやらすっかり引き込まれちゃいましたね~」
忍「さすがは高橋監督……というよりは、幕末って題材がずるい気もするけど(苦笑)。んじゃ、次~」
那美「ヘタリアです」

 少女視聴中……

忍「あはは、これよく各国のお国柄出してるよね~。ドイツ人の性格とか、イギリスがオカルトの国とか……。日本なんかも、結構客観的に見てるよ」
那美「中国から見た日本、面白かったですね~。弟分だったのに、最初から失礼で反抗的だったとも言えますよね、あれ(笑)」
忍「イタリアから贈られた柱とか、よく調べてるなぁ……。……あと、やたらとアメリカの倉庫掃除のプロモが……ウザいんだけど!(笑)」
那美「あれだけ宣伝しておいて、放送来週ですからね~。この編成には悪意すら感じますよ(笑)」
忍「これで本編放送しなかったら、それはそれで面白いんだけどね(笑)。んじゃ、次~」
那美「では、軽くニャルアニでも」

 少女視聴中……

忍「原作者書き下ろしの話だけど……所詮は3分だよね~」
那美「ええと……頑張っていたと思いますよ?(汗)」
忍「この超短時間だと、もはや完璧に投げ捨てた方がいいと思うんだ、私!」
那美「いやまあそうですけど、それだとわざわざ原作者呼んだ意味が!?(笑)」
忍「次回予告もすっごい適当だよね~。ちゃんと中身を語ったかと思えば、サブタイトルが2回目の『内容未定』。……舐めてんのかぁ!! ……いや、舐めてるんだろうなぁ……(笑)」
那美「一人で完結しないでください(苦笑)。では、次~」
忍「君届だね~」

 少女視聴中……

忍「あー、健人、絶妙な牽制球投げたな~!」
那美「あれで風早くん、完全に身動き取れなくなっちゃいましたね~」
忍「元々不器用な性格してるからねぇ。あやねちんが背中蹴っ飛ばしたけど、効果は微妙……かな?」
那美「バレンタインでくるみちゃんが爽子ちゃんに牽制をして動きを止めて、時間差で健人くんが差し込む、と。ままなりませんねぇ」
忍「だからこそ面白いんだけどね~。さては手、風早は男の意地を見せられるか!? ……って所で、今日はおしまいかな?」
那美「ですね~。さて、最後にご意見でも。テラさんからのツッコミです」

>あれ?15話といえば褌ゼンガーじゃないの・・・?(挨拶
>EDで水着が追加されているって言っていたのでてっきり見てるものかと思ったけど・・・?


忍「なん……だと……?」
那美「あー……そういえば15話のEDの時、忍さん、トイレ行ってましたね……」
忍「そ……そんなネタがあったとは……。完っ璧に見逃したぁーーー!!(泣)」
那美「あはは(苦笑)。とまあ、忍さんが慟哭しているところで、また次回」
忍「うう……無念!」
【2011/02/12 16:31】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(4) |
ざっぴんぐハート @23
忍「ほほぅ……」
那美「どうしたんですか、忍さん? まんがタイムきららの今月号眺めて唸ったりして」
忍「いや~……けいおん!の連載再開だってさ」
那美「……は? 続き、やるんですか?」
忍「みたいだね~。きららでは初のパターンだけど……大丈夫かな……」
那美「期待よりも不安の方が強そうな顔ですね……?」
忍「いやぁ……正直、どうなるかよく分からないしね……。大学編なのか、梓達後輩組なのか、それとも時間巻き戻すのか、全くメンバー変えちゃうのか。まあ、続報待ちかなぁ……」
那美「詳報は来月ですしね~」
忍「……まあ、けいおん!も気になるけど、ざらの新連載も相当気になるんだよね……。くそう、今月号出たばっかりだっていうのに、もう来月が待ち遠しい!」
那美「あはは、気持ちは分かりますけど、あんまりじたばたと暴れないでくださいね(苦笑)。では、今日のお品書きに行きますよ~」

・お品書き
 ハナタレナックス 新春恒例沖縄の旅③
 幕末機関説 いろはにほへと 10話
 屍鬼 13話
 FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 11話~12話(最終回)
 咎犬の血 10話
 ウルヴァリン 5話


忍「れーハ収録の横で眺めてようっと」
那美「それでは、ハナタレから~」

 少女視聴中……

忍「川満しぇんしぇー、やっぱり出てきたね~」
那美「この人が出てこないと始まりませんから(笑)。……にしても、リーダーのメールが悲痛ですねぇ(苦笑)」
忍「深夜一時まで点滴とかねぇ(笑)。よし、次行こう」
那美「いろはにほへとですね。1話だけで見るのは初回以来ですね~」

 少女視聴中……

那美「沖田総司絡みは熱いですね、やっぱり」
忍「熱いのは確かなんだけど……これって、スタッフがやりたかっただけの話じゃないかな~(苦笑)。まあ、2クールもあるとこういうサイドエピソード挟めるのが利点かな」
那美「いえいえ、こういうのが物語に深みを与えるんですよ」
忍「ま、そうなんだけどね。次回からは江戸編!」
那美「それでは次行きますか。えーと……屍鬼ですね」

 少女視聴中……

忍「夏野死す!そして、狭まる包囲網!」
那美「で、先生は奥さんを見殺し……というか、これはサンプル捕獲ですよねぇ……」
忍「人の尊厳とか、そういうのを通り越した生存競争だからね……。人間という獣が天敵にどこまで立ち向かえるか、という感じかな」
那美「……後は、夏野さんが起き上がって、本当にヴェドゴニアになるかどうか、という話ですかね」
忍「辰巳の優位性は明らかになっていないけれど、やっぱりデイ・ウォーカーという強みなんだと思うよ。だけど、超遠距離から心臓を直接破壊できるような攻撃が可能ならば……」
那美「例えば?」
忍「白木の杭のバリスタとか?」
那美「無茶苦茶ですよ、それ!?(笑)」
忍「でも、吸血鬼の能力なら可能だと思うんだよねー。あと、この作品の起き上がり、外傷負ったらどうなるかは明言されてない。そこにも鍵がありそう」
那美「まあ、この様子だと……最後の一人になるまで殺し合い、とかになりそうな気しかしませんねぇ。では、次~」
忍「FA最終回まで!」

 少女視聴中……

那美「えーと……これ、何一つ問題解決してないですよね?(汗)」
忍「全部先送りにしただけだね~(苦笑)。というか、1クールではこの辺が限界かなぁ……」
那美「なんというか……瑛里華さんのみならず、ヒロインの誰にも踏み込んでないですよ」
忍「第2期狙いなのかなぁ。原作知らないから、落としどころ分からないんだけどね。……にしても、伊織がいけ好かないな~」
那美「お兄さんですね。ものすっごい暗躍してましたねぇ(苦笑)」
忍「ああやって、超越者ぶって全てを手のひらで転がしてるよーな奴、大嫌い! 人外であるのであれば、なおさら謙虚さが必要だと思うよ。自分以外をチェスの駒としか見れない奴は、チェス盤をひっくり返す存在によって滅びるんだから」
那美「うわぁ……忍さんが言うと、重いなぁ……(苦笑)。でもまあ……孝平くんの素直な気持ちを見ないで一人で暴走してた瑛里華さんもどうか、とちょっと思いましたね~」
忍「ん~……まあ、吸血衝動は『生物としての本能』だから、余程の修行積まないと克服できないんじゃないかな。そこは同情するけどねぇ。あの娘に必要なのは『吸血鬼ではなく、人間として生きたい』という願いじゃなくって『自分が吸血鬼であることを認めた上で、人と共に生きる覚悟』だと思うんだけどね。どうにも自分が吸血鬼であることを否定している節が見えるんだけど、その大前提は覆せない。それこそ、人間に生まれ変わりでもしない限り。ならば、自分が『そういう生き物』であることを受け入れた上で、どうすれば人間として生きていけるか、という結論になると思うんだ~」
那美「うう……重いなぁ(苦笑)。でも、瑛里華さんは外見通りの実年齢ですよね? そこまで達観するのは……」
忍「そこで、コミュニティが存在していないことがネックになるわけだ。吸血鬼であることを教えるのが、あの兄貴と母親だけではね~。歪んだ認識にもなっちゃうって。人は一人では生きられない、と言うけれど、それはなにも『人間』だけに限った話じゃないんだよ」
那美「なるほど……。さて、重い話を置いておいて、次に行きましょう」
美由希「では、咎犬の血で~す♪」
忍「……美由希ちゃん、神速使って侵入するの、やめなね?(汗)」
美由希「あはは~」

 少女視聴中……

美由希「アキラはいじめられますねぇ、ほんとに……」
忍「まー、私らの知ってる晶もいじられ体質だけど(笑)」
那美「一緒にするのはどうなんですか?(苦笑) で、役者が揃ってきましたね~」
忍「状況も大きく動いたし……クライマックス?」
美由希「カップリングはどうなるんでしょうか……(ほう)」
忍「えーと……TVではそれはやれないんじゃないかなぁ……(汗)」
那美「あはは(苦笑)。では、最後。ウルヴァリンですね」

 少女視聴中……

忍「オメガレッドはどうにか倒したね~」
那美「再発進、すっごい早かったですけどね(苦笑)」
忍「まあ、アレだ。再生怪人は弱い、という奴(笑)」
美由希「にしても……アクションシーンがハイクオリティですねぇ」
忍「だね~。アイアンマンも結構良かったけど、ウルヴァリンのアクションは作画が良いだけじゃなくって内容が濃いよ」
美由希「でも、対桔梗戦でわざわざ都庁に登ったのはなんでですかね……?」
忍「事前に援護&迎え呼んであったからじゃない? ヘリポート確認してたし」
那美「ああ、なるほど。……で、その迎え。あれ、もしかして、目からビーム!の人じゃないですか?」
忍「それだと別人(笑)。まあ、サイクロップスだよね~。X-MENのメンツ、結構出てきそうだな、これは」
美由希「ということは……ジャガーノートとか?」
忍「またえらいところ行くね、美由希ちゃん……(汗)。ま、オメガレッドリタイアしたから、それ以上の奴は期待したいところだね~」
那美「というところで、今日はここまで。せーのっ」
三人「「「まったね~☆」」」

【2011/02/11 14:09】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(7) |
02/10のツイートまとめ
kamonanban02

なんだかぐったり。ホワイトアウトの気疲れがここまで尾を引いたのか……(汗)
02-10 09:23

つーわけで、遅刻しまくったれーハ更新。クラーベセレクタ、強し……! http://members.jcom.home.ne.jp/knb02/racingheart711.htm
02-10 09:24

早くけいおん!連載再開の報が見たいのに、荒天のおかげで北海道にはまだきららが届かないという……(血涙)
02-10 09:25

【2011/02/11 03:44】 | ツイッターまとめ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ざっぴんぐハート @22
忍「ちょっとおひさのざっぴんぐハートでーす」
那美「……って、しばらく部屋から出てこなかったのは、どうしてですか?」
忍「色々とねぇ……。決して、発作的に買ってきたWORKING!!1~8巻を読みふけってたとか、そういうワケじゃないからね?」
那美「……まあ、それだけで数日出てこないとかアレなんで、別の理由もあるんでしょうけど……原作、どうでした?」
忍「うん、面白かった! アニメがものすごく良くできてるのがよくわかったよー。原作版でもまひると八千代はかわいいねー。泉もこっちの方が出番多いし、存在感あるなぁ」
那美「あら、かなりの高評価」
忍「ただ……なずなは、アニメ版の方がかわいいかなぁ(笑)」
那美「そんな、ひどい(笑)」
忍「まー、まだまだ桐生とか真柴1号2号とかキャラいるし、アニメ2期作って欲しいかな~」
那美「そうですね~。では、今日のお品書きに移ります」

・お品書き
 かみちゅ! 5話
 東京エンカウント 7回
 テレパシー少女蘭 19話
 おにぎりあたためますか 全国制覇の旅2周目・佐賀編②
 幕末機関説 いろはにほへと 6話~9話
 ブギウギ専務 いい旅ブギ気分・道東編
 ドラゴンクライシス! 5話
 これはゾンビですか? 4話
 イナズマイレブン 118話
 とある魔術の禁書目録Ⅱ 17話
 スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター- 15話~16話
 みつどもえ増量中! 4話~5話


忍「じゃあ、かみちゅ!からだね~」

 少女視聴中……

那美「ほのぼのとしてますね~」
忍「前回とえらいギャップだね(笑)。こうのんびりとしたなんでもない日常風景……。いいねぇ。火星人助けるために総理大臣相手にするとか、無茶苦茶なのも面白いけど(笑)」
那美「振り幅が大きいというか、懐が広いというか……色んな意味ですごい作品なのは確かですねぇ。では、次行きます」
忍「待ちに待った東京エンカウントの新作!」

 少女視聴中……

忍「あはははは!? わ、若本祭……!!(爆笑)」
那美「今回のゲストは櫻井孝宏さんですね。極まりすぎたゲーマートークとか、メガドラ版幽遊白書で3人同時プレイとか、色々やってますねぇ」
忍「若本祭もだけど、カセットビジョンの与作の話とか、濃すぎるよ!(笑) 新しい方ではPS3のアフリカとかやってたね~」
那美「実際にどういうゲームか、初めて見たんですけど……これ、結構面白そうですね」
忍「ケツァールをバズーカで撃ちたくなるね!」
那美「アフリカにケツァールはいません!(笑) ……では、次行きましょう」
忍「テレパシー少女蘭行ってみよ~」

 少女視聴中……

忍「め……珍しい……。学校編……」
那美「基本的に旅先で事件解決するお話ですからね~。というか、翠ちゃんの心の闇を救うお話ですよ、今回」
忍「ずっと抱え込んだままだったからねぇ。蘭たちとの日々が、他者への憎悪を溶かし、ようやくここまで辿り着けた、って感じかな。……というか、これでいつでも嫁に行けるよね(笑)」
那美「まあ、ご両親ともすっかり仲良くなっちゃってますからね(笑)。それでは次~」
忍「おにぎりだね」

 少女視聴中……

那美「あー……嬉野温泉湯豆腐、美味しそうですねぇ……」
忍「……那美には大泉達が心配しているティーンの評価とか関係なさそうだよねぇ……」
那美「なんですか、枯れてるワケじゃないですよ?(汗)」
忍「じゅーぶん枯れてると思うなぁ(笑)。で、有田焼カレーとか、今回は渋めなのばっかり。まあ、ティーンへの心配とか、分からないでもないか(苦笑)」
那美「湯豆腐、美味しいのに……」
忍「分かったから(苦笑)。じゃあ、次行こう。いろはにほへと~」

 少女視聴中……

忍「むぅ……さすがに回を重ねると面白くなってきたね。スルメなのが高橋良輔作品のいいところか~」
那美「仇討ち完了で、いよいよ覇者の首自体を追う話になってきましたね。西郷隆盛と勝海舟をも取り込もうとした様でその危険度は嫌というほど示しましたけど……」
忍「坂本龍馬が適合者として選ばれたのに取り込まれなかった、というのは面白い事実だね。だけど、その加護が無くなった途端に討たれた。でも、相手は新撰組ではない、と」
那美「秋月さんが新撰組と旧知、という設定はちょっと無茶な気もしますけどね~(笑)。……でも、確かに新撰組と坂本龍馬の間に遺恨はないんですよね……」
忍「史実に絡めた方も気になるけど……やっぱり、一番気になるのは覇者の首に魔封波決めた蒼鉄先生!(笑) たぶん、徐福直系の人なんだろうけど……何する気なんだろう……?」
那美「見れば見るほど味が出る……蟻地獄みたいですね~」
忍「だから、スルメだってば(苦笑)。んじゃ、次~」
那美「じゃあ、ブギウギ専務見てみましょうか」

 少女視聴中……

忍「いや~、いい旅ブギ気分はほんとにひどいね!(笑)」
那美「道東で適当に途中下車は本当に危険ですからね~(苦笑)。……というか、晴れてて良かったですよ、あれ」
忍「猛吹雪だったら、50分も歩けないからねぇ……。むしろ、前回よりもまとまりは良かったかも」
那美「ミルク羊羹とガリガリ君でしたけどね(笑)。で、次回がいよいよ本番ですか」
忍「専務貞操の危機再び!ってね(笑)。来週を楽しみにしつつ、次~。ドラクラ!見よう、ドラクラ!」
那美「忍さんはほんとに好きですねぇ(笑)」

 少女視聴中……

忍「やー、ベタな王道、最高!」
那美「すっごい笑顔……(苦笑)。マルガ登場編、これで一区切りですね~」
忍「依頼のロストプレシャス、ぶっ壊しちゃったけどねぇ。まあ、ホワイトドラゴンの秘宝にレッドドラゴンの力ぶつければ、跡形も残らないよね。……ただ、マルガのおじさん、ちゃんと開放されていく描写がきちんと欲しかったかなぁ。なんかあっさりと流しすぎなのが気になったところでした!」
那美「一人でまとめないでくださいよ~(苦笑)」
忍「そう?じゃあ、もう一個だけ。次回予告で『マルガです。マルチじゃありません!』なんて堀江由衣の声で言わすな!(笑)」
那美「また、そんな変なところを……(笑)。では、続けてもう一本、ベタなの行きましょう」
忍「ゾンビだね~」

 少女視聴中……

忍「歩、とっても男の子っ!!」
那美「今回はユークリッドさん回でしたね~。そして、歩さんがとっても男前でした!」
忍「やー、アレでこそ主人公! ベタな90年代ノリだとしても、こういうテンプレな格好良さは普遍!」
那美「……でも、その後メガロと戦うのは、パワーを上げれば上げるほどドレスがかわいくなっちゃう魔装少年ですけどね(苦笑)」
忍「そこはそれ、ご愛敬って事で(笑)。でも、きちんと責任をとる歩はえらいよ、ほんとに。ゾンビにされても、魔装少女にされても、ゴミ虫扱いでも、君はカッコイイ!」
那美「忍さん、それ、フォローし切れてません……(汗)」
忍「あっはっは(笑)。んじゃ、次~」
那美「えーと……イナズマイレブンですね」

 少女視聴中……

忍「そうか、3月からダンボール戦記も始まるんだ」
那美「レベルファイブ作品、テレビアニメ化2作目ですかね。レイトン教授は劇場版ですし」
忍「だね~。そっちも見てみよう、うん。……で! 円藤って、かなりの高確率で先制許すよねぇ……」
那美「初見に弱いんですよね~(苦笑)。でも、一度見れば結構防ぎますよ?」
忍「じゃないと主人公の意味がないよ(苦笑)。まー、今回は後半一発もシュート討たせなかったけどね!」
那美「夏未さんの戦術、すごいですね~。まあ、確かに前半ラストでFW以外はノーマルシュート打っていたりと分かりやすかったですけど」
忍「で、これにてガルシルドは撃退。あとはリトルギガントとの決勝を残すのみ……なのかな?」
那美「毎回とんでもない隠しボス出てくるシリーズなんで、何とも言えませんね~。具体的には……ヒデとか?」
忍「うっわ、すっごいありそう(苦笑)。さて、次行こうか」
忍「禁書目録でーす」

 少女視聴中……

那美「OPも変わりましたね~」
忍「ヴェントとか出てきたねぇ。どの辺までやるのやら……。とりあえず、今回はコメディ回だったけど」
那美「相変わらず、コメディの時はしっかり描きますね~」
忍「原作でも御坂祭だったけど、アニメにするともっとかわいいね~。あと、黒子も色々と酷い目に(笑)」
那美「いつものことですが(笑)。次回ももうちょっとドタバタは続きますね」
忍「まあ、儚い平和だけどね~。んじゃ、次……はなんだっけ?」
那美「えーと……ちょっと貯めたスパロボOGを続けて、ですね」

 少女視聴中……

忍「武神装甲ダイゼンガー!!!
那美「忍さん、テンション上がりすぎですよ、もう(苦笑)」
忍「いや~、お約束ではあるけれど、あのタイトルコール……たまんないね! ゼンガーが出てくるだけで楽しくなっちゃう!」
那美「ツボなんですねぇ(苦笑)。そして、16話! こっちも熱いですよ~」
忍「SRXの合体シーンがカッコイイね~。アニメオリジナルのグラヴィリオンも大暴れだけど、あれこそSRXに相応しい強敵!」
那美「……でも、敵側が思いっ切りスーパーロボット系のノリ、というのはどうなんでしょうね……(苦笑)」
忍「まあ、やり過ぎだよね……(苦笑)。あー、あと重要なこと、もう一つ。EDの水着グラビア集に、いつのまにかアイビスとカーラが追加されてる!!」
那美「重要なんですか? それ(苦笑)」
忍「とっても重要だよ!」
那美「力説しないでくださいよぅ(苦笑)。えーと、次で最後ですね」
忍「みつどもえ2話分だね~」

 少女視聴中……

忍「あっはははははは!? 4話のED、ひどッ!!(爆笑) 賛美歌とか、あんまりだよ!!(笑)」
那美「最後でひとはちゃん自らぶち破りましたけどね、ステンドグラス(笑)。で、5話も相変わらずのいいテンポでしたね~」
忍「うん。すっごいハイレベル! とにかく歯切れの良さがいいんだよね。逆に溜めるところはちゃんと溜めるし」
那美「各キャラの関係性もいいですよね~。みつばちゃんと杉崎ちゃんの二人なんて、『ケンカするほど仲がいい』を地で行きすぎでしょ」
忍「三つ子の力関係もいいよね。ちょうどジャンケンなんだよね。みつば→ふたば→ひとは→みつばって感じでうまく回ってるよねぇ」
那美「でも、結局仲良しなんですよね。あーもー、かわいいなぁ」
忍「それ以前にすっごいバカ繰り返してるけどね、連中(笑)。というところで、今日はここまで!」
二人「「まったね~」」
【2011/02/10 03:28】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(0) |
02/07のツイートまとめ
kamonanban02

今日、しのつ湖行く予定なんだが……なんか、暴風雪警報出てる(爆)
02-07 07:58

@sec_melorate うい。あと、高台公園行って、ソリで滑ってきます(謎)
02-07 09:03

現在、聖地! http://yfrog.com/hsomgslj
02-07 11:07

ソリで飛んできたよ! 次はわかさぎ!!
02-07 11:33

新篠津、視界ほぼゼロ(汗)
02-07 12:29

現在、遭難寸前(汗)
02-07 12:39

釣れない……。 http://yfrog.com/h2lybcj
02-07 13:53

ほぼボウズ確定(笑)
02-07 14:22

一時間半経過。三人で二匹(爆) http://yfrog.com/h4erjoxj
02-07 15:12

一匹釣れたー!! 全部で七匹。もう二匹釣って、一人三匹食べるのが目標(爆)  http://yfrog.com/h3xwnufj
02-07 16:23

続きを読む
【2011/02/08 03:43】 | ツイッターまとめ | トラックバック(0) | コメント(0) |
02/06のツイートまとめ
kamonanban02

中東情勢緊迫。……まさか、ドバイにまで飛び火したりしないよね?(汗)
02-06 08:12

【2011/02/07 03:42】 | ツイッターまとめ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ざっぴんぐハート @21
忍「今日も寒いなぁ。というわけでれーハ……じゃなかった、ざっぴんぐハート始めま~す」
那美「いつ帰れるんでしょうねぇ」
忍「さーねー。……というか、レンの奴が超大ボケかましたらしいので、一発お灸でも据えに行かないといけないかなー、とか」
那美「……藪つついて蛇出しますよ?」
忍「ならばその蛇を喰らうまで!」
那美「返り討ちだと思うんですけどね(苦笑)。さて、それでは今日のお品書きです」

・お品書き:
 テガミバチREVERSE 18話
 インフィニット・ストラトス 2話
 夢喰いメリー 2話
 海月姫 9話
 べるぜバブ 5話
 最強武将伝 三国演義 45話
 1×8いこうよ! 職業訓練所・探偵に挑戦②
 STAR DRIVER 輝きのタクト 18話


忍「んじゃ、まずはテガミバチRから行こうか」

 少女視聴中……

那美「ほんとにシルベットが切ないですねぇ……。ゴーシュに続いてラグまで失ったら、立ち直れ無くなっちゃいますよ……」
忍「それでも立ち止まるわけにはいかないんだろうね、男って奴は……。にしても、どう考えてもリバースの方に義があるように思えちゃうんだよね。アンバーグラウンド政府のやり方が胡散臭い、というのは前期からも臭わせていたことだし」
那美「それでも、無差別テロは駄目ですよ……」
忍「……どうなのかなぁ。戦争って事に持ち込むための発端、としてはこういうのはあるような気もするし……。難しいね……」
那美「うーん……。とりあえず、次いきましょう。ISです」

 少女視聴中……

忍「ううむ、王道! いいね、武士な男の子!」
那美「日本男児ですね~。あんな凛々しい顔で自分に向かって一直線に来られたら、セシリアさんだってそりゃドキドキしちゃいますよ(笑)」
忍「こういう朴念仁で熱い男の子、最近は少ないからね~。王道で古典でコテコテかもしれないけど、いいよ~」
那美「ヒロインの女の子達の好感度も高めなのも分かりますねぇ。箒さんなんて最初から最後までドキドキしっぱなしじゃないですか(笑)」
忍「ツンデレのカテゴリなんだけど、ツンの壁がプラ板程度しかないからね~(笑)。戦闘の方も、良い感じだね。やっぱりGガンぽくなっていくのかなぁ」
那美「あれはあれで何かの極みに達していると思いますけどね(苦笑)。あと、これもED変わっていくタイプですね」
忍「いきなりセシリアが加わってたね。歌の方にも。たぶん、次回加わるセカンド幼馴染みも次から入ってくるんだろうな~」
那美「箒さんにとっては次から次へとライバル出現して頭が痛いでしょうね~(笑)。では、次行きましょう。夢喰いメリーですね」

 少女視聴中……

忍「んー。なんだろ、すっごいアップを多用するのが気になる……」
那美「あえて不安を煽る構図を作り出しているようにも見えますね。悪夢がモチーフの作品ですから」
忍「そうなんだろうけど……なんか大画面で見てると、逆に違和感を強く感じちゃうという(苦笑)」
那美「そんな贅沢な悩み、知りませんよ(苦笑)」
忍「えー(笑)。だって、アップだとメリーの長方形の瞳孔が気になって仕方ないんだよー(笑)。……でも、それだけじゃなくってアングルやカットのせいかどうか分かんないけど、スピード感がないんだよね~」
那美「だから、夢が題材の作品にそんなのいらないでしょうが(苦笑)。もっとちゃんと見ましょうって」
忍「は~い。じゃあ、次。海月姫~」

 少女視聴中……

忍「あー、面白いなー(笑)。修さん、無惨!(笑)」
那美「でも、童貞であそこまで動揺する稲荷さんもどーなんですか、アレ(笑)」
忍「まあ、筆下ろしの翔子も相手が魔法使いだとは思わなかったんでしょ(笑)。あと、月海って未成年だったんだ……」
那美「まあ、尼~ズって年齢不詳集団ですからねぇ……。というか、まやや様が毎週毎週ひどい……(笑)」
忍「関羽に対する尊敬なのか、それとも怨念込めてるのか……(笑)。んじゃ、次はべるぜバブ~」

 少女視聴中……

忍「5話でゼブルブラスト……結構展開早いなぁ」
那美「割と巻いてますよねー。着地点はどこになるんでしょうかね、アニメ版は」
忍「原作がちょうど話の流れが変わったばっかりだからね~。そっちの方もどこに向かうか良く見えてないしなぁ」
那美「まあ、じっくりと見ていきましょうか。それでは次~」
忍「三国演義だね」

 少女視聴中……

忍「いやー、諸葛亮の作戦、黒いよ!(笑)」
那美「基本的に人の心の闇を突くような心理戦用いますからねぇ」
忍「というか、姜維、あっさりと落ちすぎだろー(笑)。で、司馬懿とその二人の息子が出てきて、いよいよ馬謖が斬られるターン!(笑)」
那美「数少ない蜀の人材が、これで更に減るという、アレですね~。というか、王平が本当に有能ですよねー……」
忍「あと、司馬師と司馬昭もね……。諸葛亮は運に見放されてるな~(笑)」
那美「それでは次。1×8ですね」

 少女視聴中……

忍「あっはははははは!? 大泉も木村も尾行じゃなくってただの不審者だよ!?(爆笑)」
那美「ひどすぎですねー(笑)。なんで二人とも雪玉投げてるんですか(笑)」
忍「木村洋二なんて、短パンだから完璧に危ない人だよ!(笑) ……で、先週と今週を踏まえた上で、来週が本番だね」
那美「大爆笑の予感がしますね~。来週は必見かも」
忍「だね~。では、次はスタドラ~」

 少女視聴中……

忍「あはははは!? なにあのくっだらないフィラメントVSバニシングエージは!?(笑)」
那美「花火でタクトくんの部屋炎上とか、わざとやってるんじゃないでしょうね?(笑) あと、ケイトさんのヒトカラとか、色々すごいですねぇ(笑)」
忍「いや、そのヒトカラのシーン、クオリティがアホすぎるんだけど!(笑) スタッフ、ケイトに愛注ぎすぎ!!(笑)」
那美「そのノリノリの歌って踊ってる姿をタクトくんに目撃されるとか……あれは即死ものですねぇ(苦笑)」
忍「ケイトの章になって光当たった途端にこの仕打ち……。哀れ、シナリオヒロイン……(笑)」
那美「でも、最後に結構意味深なシーン出てきましたよ?」
忍「巫女の能力は純潔と共にある、という言及があったから、別にケイトとスガタがエロい事してるわけではないと思うんだけどなー。スガタが王の柱で消耗したら、それを補うのが役目?」
那美「さて、どうでしょうねぇ。というところで、今日はここまで!」
二人「「まったね~♪」」
【2011/02/06 11:21】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(0) |
02/05のツイートまとめ
kamonanban02

突っ込まれて気が付いた。小倉大賞典をなんで福島開催だと思い込んでれーハ書いてんだ、俺!?(斬首)
02-05 07:52

……まー、今更予想変えてもアレだし、これで当たったらそれはそれで面白いので、このまま行くことにするが(オイ)
02-05 07:53

今月のふぃっとねすが神懸かってるんだが。スターマインで志染さんが初のぶち抜きかました時といい、この作者はスク水だとクリティカル補正懸かるな?(笑)
02-05 07:56

おおおお……。コタツで爆睡……(爆)。
02-05 16:46

とりあえず、BS11で今日の競馬の結果確認してから色々動くかー。
02-05 16:51

なんだ、今日の京都、固いなぁ。小倉の壮絶な勘違いの裏でメーンは完璧に当てたけど。
02-05 17:00

【2011/02/06 03:42】 | ツイッターまとめ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ざっぴんぐハート @20
忍「はーい、今日はコーヒーを飲みながらこんにちは。ざっぴんぐハートだよ~」
那美「そういえば忍さん、翠屋どうでした?」
忍「んー……緊急事態は緊急事態だったんだけど……」
那美「……どーしたんですか、微妙な顔して(汗)」
忍「なんでか、シャマルさんと愛さんの料理勝負が行われててね?」
那美「……なにがどうしたらそうなるんですか……?(大汗)」
忍「いやぁ……私も経緯は聞いてないんだけどさぁ……。恭也と美由希ちゃんがおびき出されて審査員させられてたよ……(遠い目)」
那美「……見捨てて逃げたんですか?」
忍「えーと……ほら、私が行っても力になれそーもなかったし、のこのこ被害者増やしに行くよりはあの様子を見届けた方が吉というか……そう、あれは超法規的処置!」
那美「逃げたんですね?」
忍「……あとで、二人にご飯おごろう。うんと美味しい奴……」
那美「そうしておいた方がいいですよ、きっと(苦笑)。では、今日のお品書きです」

・お品書き:
 超重神グラヴィオンZwei 7話~8話
 Rio RainbowGate! 5話
 お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 4話
 バクマン。 18話
 ヘタリア Axis Powers 7話~11話
 這いよる!ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ(クラフト先生) 8話
 君に届け 2ND SEASON 3話


忍「……やっぱり多いよねぇ……」
那美「多いからこそ、どんどん行きましょう。まずはグラヴィオンから!」

少女視聴中……

忍「うあー……エイナ特攻の第7話は確かにターニングポイントだけど……作画が鬼過ぎる……!」
那美「普通にお話の中身濃かったですよー。……というか、斗牙さんの追い詰められる様が、ゲームの時の比じゃないですねぇ……」
忍「悲壮感というか絶望感というか……。んで、そのまんま8話に行くわけだけど。……なんだろう、この力尽きた感は(苦笑)」
那美「落差が結構ありますね~。でも、この時代のアニメって、クオリティにムラが多かった気もしますよ?」
忍「まあそうなんだけどね。初回だけ良くて残りは残念、みたいなのはこの時代特に多かったと思うし。まあ、頑張ってる方だと思うな~。グラヴィオン」
那美「それでは次行きますか。Rioの5話です」

少女視聴中……

忍「……ぴかしゃ、新境地だなぁ……」
那美「まー、確かにあんな突き抜けて陽気な役って初めて見ましたけど……そこなんですか?」
忍「じゃあ……ハワードリゾート、リオ達以外にも一般ディーラーちゃんといるんだねぇ」
那美「そりゃまあ、あの規模ですから、いても当然でしょう。ちゃんと1カットでも登場したのは初めての気もしますけど…………って、だからそういうところなんですか?」
忍「えー。だって、今週の勝負、ギャルゲカイジ的ではあったけど、オチはあんなんだったしなぁ。なにやら黒幕っぽいのが出てきて引いたけど、どうなんだか」
那美「微妙に厳しいですねぇ(汗)。それでは、次~」
忍「バカアニメ・兄好4話!」

少女視聴中……

忍「こーーーわーーーいーーーーッ!!!(爆笑)」
那美「今週も笑顔の修羅場でしたね~(笑)。毎度巻き込まれる尋乃ちゃんと春華ちゃんの二人が気の毒で気の毒で……」
忍「スタイルはあの二人の方が上なんだけどね、奈緒と彩葉よりは。しかしまあ……修輔は死にかけて現実から逃げようとしても、男の人工呼吸で現実に引き戻されるとか……ほんとにひどい!(笑)」
那美「その内ストレスで髪の毛抜けそうですよね~(笑)」
忍「そーいや……巻き込まれる友人二人の内、春華の方。この名前でCV中村繪里子とか……狙ってるのかなぁ?」
那美「どうなんでしょうか。それ以前に中村さんがアニメに出てくるのはレアな気がしますね~」
忍「あ、そーかも。基本的にゲーム声優らしいしね~。さて、それじゃあ、次。バクマン。かな」

少女視聴中……

忍「連載読んでた時も思ったけど、アンケート至上主義、連載打ち切りがものすごく速いのはジャンプの特色なんだよね~。えっちなの、地味なスタートから徐々に面白くなるのとかは、チャンピオンやサンデーの特色なんだよね。サンデーは余程のことがないとコミックス出るまで打ち切りはないし、チャンピオンは最低4巻は保証されてた気がするなぁ」
那美「逆に言うと、ジャンプは独立独歩、自分のスタンスを貫いているとも言えますね。メリットとデメリットの落差が激しいけど、これが業界トップに君臨し続ける所以かもしれませんね~」
忍「……あ、唐突に思い至った。バクマンの作中に出てくる『少年スリー』ってサンデーの事じゃないの?」
那美「スリー……3……ああ、なるほど~」
忍「今更だけどね~。で、物語は最初の亀裂が明確になる話だけど……サイコーの方から不信感を持つのはパターンなんだよね~。シュージンから誘った、という発端があるから仕方ないんだろうけど」
那美「原作でも同じような展開ありますからね……って、そう感じちゃう展開って、まずいのでは……?」
忍「……かもしんない……。ま、いいや。次行こう」
那美「では、次はヘタリアですね」

少女視聴中……

忍「アメリカうざーーー!!(笑)」
那美「歴史や国民性を見事にネタにしてますね~(笑)。というか、ちびイタリアが女の子にしか見えないんですが……」
忍「ハンガリーさんのせいだったんだねぇ(笑)。……でも、なんでハンガリーだけ女の子……?」
那美「なんででしょうねぇ……。にしても、イタリアは……ほんとにいろんな国が処遇に困るような感じなんですかね(笑)」
忍「さてね~。サッカーではドイツと永遠のライバルなんだけどな~。あと、北と南はものすっごく仲悪かった気が……」
那美「それってGUNSLINGER GIRLの影響じゃないですか?(笑) さて、次はニャルアニでも見ますか」

少女視聴中……

忍「『SAN値ほぼ底をつきました』って……ゲームオーバーじゃないか、それだと!(笑)」
那美「まあ、相変わらずひどいんですが……今回は普通にニャル恵さんがかわいかった気がしますね~」
忍「うん……ほんとに珍しいよね……(汗)。というか、次回予告でギター弾いてたのって誰?」
那美「なにが飛び出してもおかしくない作品ならではですねぇ……。では、次で最後! 君届です」

少女視聴中……

忍「あー、風早あそこで引いちゃうかー。あれだと爽子、絶対に嫌われたと思っちゃうよ!」
那美「二人とも不器用ですねー。その一方で健人くんが本気になってきてませんか、これ?」
忍「爽子、基本的に美人だからねぇ。表情作るのが下手なだけで。なおかつ、中身は人のために一生懸命になれるいい子だし。風早の言うとおり、気付く奴が出て来ちゃったってことだね」
那美「まー、風早くんも中身は普通の男の子ですから、ここぞって時には腰が引けちゃうんでしょうねぇ。でも、次はいよいよライバルが表面化ですよ?」
忍「それに、この状況を梅が感付いたら……黙ってないよね~。起爆点作ったのあいつだけど(笑)」
那美「というところで、今日はここまでですね」
忍「そんじゃ、また明日~」
【2011/02/05 19:52】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(6) |
02/04のツイートまとめ
kamonanban02

れーハ更新。色々溜めてた録画見ながら書いてたら、かえって時間かかったという(爆)。 http://members.jcom.home.ne.jp/knb02/racingheart710.htm
02-04 15:35

そーいや、北海道は今日がぱれっとLite出る日か? 買いに行きたいけど、きっついなぁ……。
02-04 15:38

あ、そうだ。東方神居祭3の配置は『か-01』だそーで。……いい加減、準備しないと(爆)。
02-04 15:42

@_rinya たぶん、小学生って明言している上でガチでエロネタだからでは。………って、亀レスにも程がありますな。失礼(爆)。
02-04 15:44

【2011/02/05 04:01】 | ツイッターまとめ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ざっぴんぐハート @19
忍「急に気温上がったね~」
那美「ですねぇ。でも、温度上がると路面が危なくって……」
忍「滑るわ、足を取られるわ……。中途半端に溶けてから凍るのが危ないんだよね。ともかく、まだまだ2月。結局コタツから離れられないざっぴんぐハート、今日も始めま~す!」
那美「本日のお品書きはこちら」

お品書き:
 ハナタレナックス 魅川憲一郎と行く!ディープな沖縄ツアー③
 幕末機関説 いろはにほへと 2話~5話
 咎犬の血 9話
 ウルヴァリン 3話~4話
 FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 9話~10話


忍「というわけで、ハナタレからスタート!」

少女視聴中……

忍「あはははは、シゲ、血だるまに……!(爆笑)」
那美「これ、完璧に二股かけてるの言い当てられてますよね(笑)」
忍「動揺しすぎなんだよ!(笑) 音尾先生は至って普通だったのにな~」
那美「その次はレトロな商店街ですね。サーターアンダギーとニンニクの黒糖漬け……。美味しそうですねぇ……」
忍「……あー、お腹空いてきた……。このままだとまずいので、とっとと次行こう」
那美「では、いろはにほへとをまとめて」
忍「実は日替わり放送だったんだよね、これ……」

少女視聴中……

忍「ふむぅ。さすがに話進むと面白くなってきたね~。……というか、違和感に慣れちゃったというか……」
那美「また身も蓋もないことを(苦笑)」
忍「いやぁ……時代劇なのに、演出とか効果音が完璧にサンライズだからさ~(笑)。逆にSF剣戟バトルとして見るなら、これはこれで面白いかなぁ、と」
那美「褒めてるんだか、貶してるんだか……。でも、純粋に面白いと思いますよ? 乱世を招く覇者の首を巡る幕末動乱とか」
忍「そうだね~。幕末を舞台にする場合、大概は新撰組か坂本龍馬に絡めるんだけど……これは龍馬は絡めててもその死後というのが珍しいかも。新撰組は出てくるかどうかはまだ分からないしねぇ」
那美「ともかく、日替わり放送なので、今後はまめに消化していきましょうか。では、次は咎犬ですね」

少女視聴中……

美由希「男の子同士の絆……いいですねぇ(ほう)」
忍「また唐突に現れるねぇ、美由希ちゃん(苦笑)」
美由希「それっぽい気配を感じたら、神速使ってでも割り込みます」
那美「そんなことで奥義使わないでくださいよ(苦笑)。はい、お茶どうぞ~」
美由希「あ、どうも~」
忍「んで、美由希ちゃんの言うとおり、アキラとケイスケの絆がケイスケを死の淵から救ったわけだけど……まあ、読める展開ではあるよねぇ」
那美「そんな身も蓋もない(苦笑)」
美由希「読める展開だからこそ、様式美って言うんですよ?」
忍「そりゃそうだ(笑)。で、次はリンが死地に向かうのか~」
那美「結局アキラさん自身はなんにもパワーアップしてませんからねぇ。今後の事態にどう対処していくのやら……」
美由希「それはもう、愛の力で!」
忍「美由希ちゃん、無茶言わない!(苦笑)」
那美「あはは(苦笑)。では、次行きますか。久し振りのウルヴァリンですね」
忍「こっちも溜めてたからなぁ……」

少女視聴中……

忍「……面白いわ、ウルヴァリン!」
那美「忍さんが3話のAパートでサムライ最強、とか叫んでたらBパートで展開ガラッと変わりましたからねぇ」
忍「麻薬取引に火炎瓶投げまくるとか、地味だけど効果的だなぁ、とか笑ってたんだけどね~。オメガレッド出てくるとは!」
那美「戦闘ギミックも盛りだくさんで面白いですね~。バックドラフト利用してピンチ脱出するとか」
忍「細かいところの詰め方がアイアンマンよりもぐっといいね~。……というか……オメガレッド、強いって!?(汗)」
那美「さすがマーヴル公式のネームドエネミーですよね~。……あんなの、日本に連れて来て欲しくないなぁ(汗)」
忍「同感(苦笑)。……って、美由希ちゃん、いつの間にかいない……(汗)」
那美「さっき、忍さんがお手洗い行ってる間に帰っちゃいましたよ。翠屋から緊急招集だそうです」
忍「……おかしい。なんで私の方にはなにも来ないの?(汗)」
那美「……忍さん、戦力外なんじゃあ……」
忍「そ、そんなことはないと思いたい……なぁ……(大汗)。とりあえず、連絡待ちしながら、次いってみよう~」
那美「いいのかなぁ(苦笑)。……えーと、FAですね。こっちもしばらく溜め込んでいたのを切り崩していきましょうか」

少女視聴中……

那美「時間の関係で2話しか行けませんでしたねぇ」
忍「残り2話かな? まあ、最終回は来週放送予定だからちょうどいいと言えばちょうどいいかな~」
那美「で、瑛里華さんメインにお話が進んでいますね~」
忍「1クールじゃそんなもんでしょ。白ちゃんなんてほんとに出番無いよ(苦笑)。にしても、吸血衝動か~。まあ、分からなくはないけど……私のはエロいからなぁ(笑)」
那美「返答に困ること言わないでください(汗)。……でも、自分が異質だからこそ、普通に生きたい、という気持ちは分かりますね……」
忍「だねぇ……。儚い願いなんだけど……。メンタリティが人間に近ければ近いほど、人と同じでいたい、という想いは強くなるよね……」
那美「これはもう、ある程度諦めなきゃいけない願望なんですけどね……。人として生きていくことを切望していた瑛里華さん、壊れなきゃいいけど……」
忍「反作用で人類の敵になる、というのもある意味パターンだからねぇ。……さて、今日はここまでかな?」
那美「はい。たぶん、これで今晩は全部録画できると思います」
忍「……今夜だけで全部で10本とか……見過ぎかなぁ(汗)」
那美「そこは否定できませんねぇ(汗)。……で、翠屋から連絡は?」
忍「……来ないなぁ。ええい、自分で行ってみよう!」
那美「既に遅きに失している気がしますが(苦笑)。というところで、今日はここまで。せーのっ」
二人「「まったね~」」
【2011/02/04 15:25】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(7) |
ざっぴんぐハート @18
那美「はい、お久し振りのざっぴんぐハートですよー」
忍「なんかもー、色々とごたついてたら、あっという間にHDDがパンク寸前!」
那美「ここのレコーダー、画質が自動選択されちゃうから、地上波やBSですぐに溢れそうになっちゃうんですよね~」
忍「そろそろブルーレイレコーダーとか買おうかなぁ……。というわけで、今日は地上波&BSを重点的に消化!!」
那美「では、まずは本日のお品書きです」

お品書き:
 1×8いこうよ 探偵一日入門 第1回
 おにぎりあたためますか 全国制覇2週目の旅・佐賀の旅 第2夜
 ブギウギ専務 ブギウギ野鳥の会~2011・冬
 こどものじかん 4話
 インフィニット・ストラトス 1話
 夢喰いメリー 1話
 STAR DRIVER 輝きのタクト 17話
 かみちゅ! 4話
 屍鬼 12話
 テレパシー少女蘭 18話
 イナズマイレブン 117話
 ドラゴンクライシス! 4話
 これはゾンビですか? 3話


忍「まずは北海道ローカルバラエティ3連発! 1×8から!」

少女視聴中……

忍「札幌の探偵学校併設の事務所か~。なんか聞いたことあるような……」
那美「本物の探偵さんは地味なんですよね~」
忍「小説やマンガみたいなのはエージェントの領分だってリスティさんが言ってた。どこの世界の話か知らないけど(笑)。でも、今回は本当に導入だけだねぇ」
那美「次回からが本番ですね~。で、アドリブドラマも新しくなりましたね。TSUTAYA使ってビデオ屋の店員と客の会話ですか」
忍「ほぼ全てが1×8のDVDの下が全部マイケルだ、って話で終始してたけどね(笑)。まあ、こっちも次回からが本番でしょ」
那美「では、次はおにぎり行きましょう」

少女視聴中……

那美「シシリアンライスって、要は洋風サラダ炒め丼って事ですか?」
忍「いや、それなんか違うと思う(苦笑)。でも、あの定義なら自分でも作れそうだね~」
那美「実際に食べたこと無いので、想像でしか味再現できませんけどね。で、その次が佐賀牛!」
忍「いやぁ……せいろ蒸しがすっごい美味しそう……(じゅるり)」
那美「でも、二人前で15000円超えるとか……(汗)」
忍「……宝くじ当たったら、佐賀まで旅行に行こうか……(遠い目)。その次が、呼子のイカ。……九州のイカは北海道とまた違うんだねぇ」
那美「北海道では食べないイカも食べますからね。あの透き通るような活け作りも是非食べてみたいですねぇ……」
忍「ううむ、佐賀は純粋に美味しそうな物が多いよねぇ……」
那美「……お腹が空くばかりなんで、次行きましょう。ブギウギ専務です」

少女視聴中……

忍「……事務所から始まる導入、超久し振りに見た……」
那美「そもそも秘書の二人がすっかりレアキャラ扱いですからねぇ(笑)。で、今回は道東でバードウオッチングですか」
忍「わくちんから結構な無茶振り出てるんだけど……専務、引き強ッ!!」
那美「温泉で酷い目に遭うスタートから想像できませんよね~。学校の校庭で一発でタンチョウ見つけるとか」
忍「そして見事にシマフクロウも目撃! ……その前に出現したテンを知らないとか、アホ露呈してたけど(笑)」
那美「それでもやっぱり引き強いですよ~。……正直、大泉さんやシゲさんではこうはいきません(苦笑)」
忍「まぁ、まず見れないのは確定だよねぇ……(苦笑)。と、ショート2発続いた時点で次回は悪夢のブギ気分、再びっ!! 専務は横井アナから貞操を守り抜くことが出来るのか!?」
那美「そんな話じゃないですよ、きっと!(笑) では、次行きます」
忍「こどものじかんだね~」

少女視聴中……

忍「ん~……。やっぱり、この修正で見る気が削がれるなぁ……」
那美「でも、生徒会役員共や兄好でもこれぐらいは入りますよ?」
忍「……いや、あれらよりも厳しい。んでもって、生徒会役員共とかは、修正をギャグの一部に取り込んでるんだよ。だから、逆にネタになって笑えるんだけど、このこどものじかんは、基本的に話はどシリアス。そこに過剰な修正が入ると、しらけるどころか失笑しちゃうレベル。修正入れるにしても、もっと入れ方は考えて欲しかったかなぁ……」
那美「相変わらず厳しいですねぇ……」
忍「……うん、決めた、これは切る。無修正版がAT-Xでやったら、改めて見ることにします!」
那美「やっぱり、視聴制限をかけられるCS放送じゃないと、こういうのは厳しい、って事なんでしょうねぇ……。では、次行きます」
忍「新番組のISだね~」

少女視聴中……

忍「これは……弾幕アニメ! いや、シューティングアニメだ!!」
那美「OPで食い付きましたね~」
忍「閃光の輪舞や東方、スグリなんかを連想させる作画……。アレなら、東方をガチでアニメ化できる気がするね~」
那美「確かにゲーム的な作画ですねぇ。アニメ自体の方はどうでした?」
忍「うん、かなりベタ。だけど、私はベタが大好きでね!(超笑顔)」
那美「ええ、知ってますよ(笑)。女性しか操縦できない機動兵器に男の子が希少な適性示すとか……」
忍「正確には兵器じゃなくって、モビルファイターみたいな扱いだけどね、IS。でも、専門学校作ってまでパイロット養成するものなのかなぁ。まあ、本来は宇宙開発用パワードスーツみたいだし、操縦者の需要は高いのかもしれないけど。しかし、一夏の無知っぷりが実に適切に解説を引き出すなぁ(笑)」
那美「本来女性しか操縦できないISにいきなり適性を示したからこそ、主人公の一夏さんは予備知識ゼロなんですね~。……でも、モテモテですね」
忍「いやぁ……あれは、ライオンの群れに放り込まれた生肉だよ……(苦笑)。でも、そういう点を含めてベタで良し!!」
那美「では、次。次も新番組の夢喰いメリーですね」

少女視聴中……

忍「……んー……。ふつー……」
那美「え? 出来は十分良かったと思いますよ?」
忍「いや、J.C.作ってるんだから、一定のクオリティあるのは当たり前なんだよ。なんだけど……なんとなく、ダメなJ.C.の臭いがするよーな……」
那美「そうですか~?」
忍「あと、私途中まで原作読んでたんだけど……割とエグめの話なんだよね、これ……。途中で飽きないといいなぁ、と儚く願ってみたり」
那美「なんで儚いんですか(苦笑)。でも、原作途中までなら、終盤は素直に楽しんで見れるかもしれませんよ?」
忍「だといいなぁ。んじゃ、次~。スタドラ!」

少女視聴中……

忍「第3フェーズ、いきなり三人目の巫女ネタバレとか……(笑)」
那美「ケイトさんだったんですねぇ……。それなら、今までイヴローニュがサイバディを出さなかったのも分かります」
忍「出した瞬間、ばれちゃうし、巫女のサイバディ弱いからね(笑)。EDでケイトが特別扱いだった理由はこれか……」
那美「そのEDも演出変わりましたね。ミズノちゃん&マキノさんがいなくなって、ケイトさんが出てきてます」
忍「その他にも色々と変わってるね。ヘッドの反乱で、綺羅星も不協和音が出て来たし……。どうにもおとな銀行はタクト側に付きそうなんだよね~」
那美「あとはザメクがスガタさんの言うことを聞くかどうか、ですよねぇ……。アインゴットみたいにスタードライバー侵食するかもしれないし」
忍「スガタも印持ちだから乗れるのは間違いないんだけどね~。……というか、第3フェーズだとドライバー死ぬ可能性あるのか……。どっかでハードな展開出てきそうだな~。通常パートは相変わらずのスラップスティック振りだけど(笑)」
那美「次回予告でタクトさんの部屋、花火で燃やされてますからね(笑)。次も楽しみです」
忍「だね~。んじゃ、次はかみちゅ!」

少女視聴中……

忍「おおおお……これは格が違う面白さ!」
那美「いきなり火星人とか、荒唐無稽すぎる気がするんですけど(苦笑)」
忍「この作品は事件の発生の所は気にしちゃダメだよ(笑)。いやしかし、これは痛烈な皮肉がこれでもか!と込められた名エピソードだねぇ。今の日本を見たら、ゆりえ様はどう思うのか(笑)」
那美「誠意とかゼロですからね、今(笑)。あと、OPが変わりましたね」
忍「いや、変わったんじゃなくって、4話目でようやく完成したんだと思うよ、これ……(苦笑)。でもまあ、そんなことを全く気にさせない面白さ。名作と呼ばれているのは、ほんとに伊達じゃないよ~」
忍「ですねぇ。では、次行きますか。屍鬼です」

少女視聴中……

忍「第2クールに入ってOPとEDも変わったねぇ」
那美「その第2クール早々、色々と絶望的な状況に……(汗)」
忍「科学という名の迷信が身を滅ぼす典型だね。とかく人間は分からないことは信じようとしない。分からないことは分からないままに理由を付けていた昔と違って、生半可に説明のつく現代人の方が、この迷信に囚われやすいんだよね~」
那美「でも、その迷信で殺されたら、夏野さんも堪りませんよ……」
忍「……いや。夏野、わざと殺されようとしてるんじゃない?」
那美「……へ?」
忍「分の悪い賭けだけど……屍鬼に殺されて、起き上がりになる。同じ力を手に入れた上で、敵と戦うつもりなんじゃないかな……」
那美「それは……捨て身というか、自爆攻撃に近いですよね……」
忍「だけど、悪い手じゃないよ。まさに吸血殲鬼ヴェドゴニア!」
那美「あ、最後で台無しになりました(笑)。では、次行きましょうか。テレパシー少女蘭で」

少女視聴中……

忍「やー、Aパートまでは非常に良い感じだったんだけど……サイコメトラー一発で謎解けちゃうのはなぁ(苦笑)」
那美「そういうお話なんだから仕方ないじゃないですか(笑)」
忍「まーねー(笑)。……でも、あの落ち目アイドル、結局何しに出て来たのかな……。30分の前後編でミスリード要員、というのも無理あるから、後の伏線かなぁ」
那美「確かに、こういうキャラは初めてな気もしますねぇ。なんかあるんでしょうか。というところで、次行きます」
忍「ようやく大容量の最後か……。イナズマイレブン!」

少女視聴中……

忍「角馬(父)、どっから湧いて来たぁーーー!!(爆笑)」
那美「確かに脈絡無く現れましたねぇ(笑)。でも、この人いないと歴史の闇の大決戦が実況無しになっちゃいますよ?」
忍「じゃあ、天空の使徒と魔界軍団Zの時も出てきなさいよ!(笑)」
那美「いやまあ、そうですけどね(笑)。でも、色々とあっさりとばれちゃいましたねぇ」
忍「クライマックス前だから、巻いてるのかなー……と思ったら、3月から時間帯変わるって?」
那美「まだまだ終わりそうにありませんね(笑)。にしても、ガルシルドの強化人間……イナズマイレブンでの共通のテーマですよね」
忍「帝国は戦術だけ、アフロディ達は薬物による強化、そして明言されていないけれど、発想の元となったのはエウリア石だと思うな~。で、デモーニオとロニージョのRHプログラムでほぼ完成形、と。こうして見ると、全部ガルシルドの思惑で一本に繋がるんだよね。ここでガルシルドを叩くことが出来れば、全ての因縁に決着付きそうだけど……どうかな~」
那美「では、次行きますか」
忍「ようやくCATV分に行ける……。まずはドラクラ!」

少女視聴中……

那美「新章突入ですね~」
忍「ホワイトドラゴンのマルガと、ドラゴンを付け狙うジョージが登場だね~。……って、結構ドラゴンゴロゴロしてるなぁ……」
那美「むしろ、派手に暴れて名前が知れ渡った竜司くん&ローズちゃんを訪ねて集まってきてる気もしますね~。実際、マルガさんもこの二人を試そうとしていたみたいですし」
忍「しかもジョージの持ってるロスト・プレシャスが人間とドラゴンの悲恋の品と来てるからねぇ。次回はレベル10のブレーカー同士の激突か~」
那美「……忍さん、結構ドラクラ!楽しみにしてますよね?」
忍「うん。私、ベタな王道、大好きなんで!(笑顔)」
那美「では、ベタな90年代テイストのアニメ行きますか(笑)」
忍「『これはゾンビですか?』だね。90年代……それは、富士見ファンタジアがもっとも輝いていた時代!」

少女視聴中……

忍「マスクド○○ってネタはクロ校の頃からの鉄板だよね~」
那美「メキシカンレスラーですね(笑)。で、今回はなんだかインターミッション的な話でしたねぇ」
忍「基本的にユーとハルナとセラがプリン奪い合っているのと、歩の現在の状況の友バレのみだったからね~。……でも、あのツインテ後輩……。ユーを狙ってる刺客かなんかじゃないの?」
那美「ありそうな展開ですねぇ。木刀が怪しすぎですよ(笑)」
忍「前に話した无的な存在だとしたら、ユーがやられたら歩も死んじゃうからね~。色々と敵の多そうな人だし……頑張って生きろ。ゾンビだけど(笑)」
那美「とまあ、豪快に投げ捨てたところで、今日はここまで!」
忍「明日はもう少し容量空けないと、バーストしちゃうからなぁ……。出馬表出るまでに頑張って削ろう……」
那美「では、せーのっ」
二人「「まったね~♪」」
【2011/02/02 15:51】 | ざっぴんぐハート | トラックバック(0) | コメント(0) |
おばけとらぶこめ。 【DX3rdプレイ記録2】
 ほい、先日やったダブルクロス3rdのキャンペーンの続きでございます。ほんとは先週で終わる予定だったんだけど、プレイヤーの一人に急に仕事が入って泣く泣く中断。で、月曜に残りを片付けて参りました。
 今回もシナリオ集『ディープフロント』の中にあるキャンペーンセッション『ラスト・デイ・ラプソディ』をプレイしております。ネタバレを含みますので、プレイする可能性がある方は、以下は読まないことをオススメしますよー。













 はい、それでは参りましょうか。
 我が内臓くん、海外からやってきた傭兵のヴァンガード、物静かな剣士・剣持茂に加え、今回からようやく支部長のアリエル・クロイツが参加。……今まで支部長いなかったという驚愕の事実(笑)。アリエルさんはエンジェルハイロウ/ハヌマーンのRC攻撃型。最初は名字も決まっていなかったけど、ライフパスで妙に噛み合ったヴァンガードの想い人(故人)の姉ということに。当然、妹を守れなかったヴァンガードに対するロイスの感情は侮蔑(笑)。フレーバーでバイクと拳銃を所持(実際に戦闘には一切使わない)というキャラの作り込みに、他の面々驚愕。ついこの間までTRPG素人だった奴が、いつの間にここまで出来るように……!(わなわな)
 さて、前回から参加組。ヴァンガードと剣持は既にあるエフェクトのレベルを限界まで伸ばしておりました。一方、うちの妖怪は、と言うと……こっちも既存のエフェクトのレベルを上げることに。しかし、上げたのは《ハードワイヤード》を一気に3レベル分!! これは、次の成長で完成させるコンボのための布石。内蔵兵器はプリプレイで選択し直せるので、今回はロックオンサイトを3つ取っておくことに。
 準備が終わったところで、ハンドアウトが配布。今回はきちんとキャラに合わせてGMが作成。以下、原文まま転載します。


PC①:剣持茂用ハンドアウト
ロイス:兵頭 成美    推奨感情 P:好意/N:劣等感
UGNチルドレンである君は学生という表の顔を持っている。学生として過ごしているうちに、君はいつの間にか学生というのも悪くない、と感じていた。
学校は今、文化祭の開催を明日に控え、最終準備の真っ只中だ。最後の設営を終えて下校しようとした君の元を訪れたのは、君のクラスメイトの兵頭成美だった。なんでも、君に話しておきたいことがあるという。


PC②:ヴァンガード用ハンドアウト
ロイス:伊澤 亮也    推奨感情 P:連帯感/N:食傷
伊澤亮也は君のクラスの文化祭委員だ。前回の事件が終わってから、君は伊澤と協力してクラスの出し物の準備を進めた。幼少の頃から傭兵として過ごしてきた君には学校の文化祭とはめずらしいイベントだ。前日までに準備を終わらせることに成功し、とうとう開催当日の朝を迎えた・・・・・はずだった。
だが、学校に登校してみると、なぜかまだ準備中。昨日完成させたはずの看板まで塗りかけに戻っている! 一体何が起きているのだろうか


PC③:アリエル用ハンドアウト
ロイス:“ウィッシュミラー”    推奨感情 P:執着/N:食傷
君はUGNからN市支部の新しい支部長として派遣されてきたオーヴァードである。
着任して間もない君にUGN日本支部から連絡が入った。どうやらN市近辺で“ウィッシュミラー”と呼ばれるレネゲイドビーイングの存在が報告されているらしい。
各地の学校で多数のジャームを生み出してきた危険な存在。学生たちの日常を守るためにも、君は“ウィッシュミラー”を倒さなければならない。


PC④:内臓くん用ハンドアウト
ロイス:襲撃してきたレネゲイドビーイング  推奨感情 P:執着/N:敵愾心
君はN市公立高校七不思議のレネゲイドビーイングの一人、動く人体模型だ。
リッパーの事件も終わり、再び仲間たちとの楽しい日々を過ごすはずだったが事件は君を放っておいてはくれなかった。仲間のお化けたちが突然やってきたレネゲイドビーイングとおぼしきオーヴァードに吸収されてしまったのだ。仲間たちを助け出し、ケンカを売ってきたをバカのおしりをペンペンしてやらねば。
次回 スペース内臓 「奇怪!願いの鏡!」でまた会おうぜ




 ……GM曰く「ハンドアウトを書いていると、最後にオチを付けたくなる気持ちがよく分かった」とのこと。
 いやまあ、いいけどさぁ(笑)。
 PC間ロイスを決めて、いざ開始。今回はPC①の剣持くん、既にラブコメの影が忍び寄る(笑)。人知れず、明日転校予定の兵藤成美ちゃんという女生徒が想いを寄せている模様。PC②に落ちたヴァンガードは、前回のヒロイン・立科沙紀さんと夫婦漫才をする模様。ほとんどフルメタの宗介とかなめ状態(笑)。前回が長編なら、今回は完全に短編モード(笑)。ヴァンガードの提案で、学園祭の出し物は『メイド屋敷』に。おばけ屋敷とメイド喫茶を合成した物で、その中身はただのぼったくり喫茶!(爆) 前半のおばけ屋敷を、クラスの女子が扮したメイドと一緒に抜け、その後お茶を一服。ただし、お代はアホみたいに高い、と言う(笑)。出口には黒服と化したヴァンガードと剣持が仁王像のように立ち塞がり、退路も断つ用意周到さ。クラス中から「ヴァンガード、天才じゃね!?」と賛辞され、あっという間に馴染む年齢不詳の外人傭兵(爆)。同時に、立科さんにこだわりたっぷりのメイド服を着せて調教開始(オイ)。しかも堅物直情系ドジッ娘と化した立科さんを、ヴァンガード以外の面々が次々に乗っ取ってロールプレイするので、彼女自身が凄まじい存在感を放ち出す始末(爆)。
 そして、新登場のアリエルさん。彼女はまずは赴任するところから始まったのだが……前支部長が、おばけ達の相手で精神をやられて交代するとこから始まり、大惨事に(笑)。支部長の机の上には、普通のホットライン用の電話の他に、七不思議直通の妖怪電話があるというこの異様さ(笑)。
 そして、内臓くんのOP直前に、マスターシーンで今回のボスキャラに、七不思議のRB達がとっ捕まる展開に! 幽霊ちゃん(今回、女学生の幽霊ということに決定)を逃がすために、謎の敵に立ち向かい、次々と倒れていく二宮金次郎、ベートーベン、モナリザ、ピアノ(もはや意味不明)。

鴨「……GM。これ、シナリオ集のシナリオだよね?」
GM「いやぁ。驚くほど設定噛み合いまして。こっちでシナリオ修正してフル活用させていただきました! 俺と王子の愛の合作ですよ!」

 数日前にシナリオに使いたいので七不思議どものシンドローム決めたいんですが、と言う話を振られたが……あれ全部相手にするのか!?とゲラゲラ笑う中の人(爆)。そして仲間の奪還を心に誓い、七不思議にSロイスを結ぶ内臓くん(笑)。
 幽霊ちゃんと一緒に仲間を捜すも、全く手掛かりが得られない内臓くん、途方に暮れる。仕方ないので、貸しを作りまくったUGNを頼ることに(爆)。最初は下手に出るも、最終的にこれまでの協力を引き合いに出して支部長と交渉したり。いやぁ、おばけって楽しいなぁ☆
 いざ行動開始、となる前に、学校に謎のワーディング発生。ワーディングを張れなくなったおばけ、焦る。アイデンティティがぁ!!(オイ) しかし、事態はそれどころではない。なんでか時間が巻き戻る。よくあるギャルゲ設定か? とか悠長に考えていたら……シーン数が増えて侵食率が嵩む嵩む。これ、そういうシナリオか!? 焦りながら情報集めに奔走するPC達。その結果、浮き上がってきたのは『ウイッシュミラー』という、都市伝説型のRB。鏡に願いを言うと、叶えてくれるらしい。……つまり、この学校に、新参者のおばけがやってきて、シマを荒らしたということか! 互いの畏れの奪い合いじゃあ!!と息巻くPCおばけ(爆)。同じおばけなら、と言うことでコネのさとるくんに電話を掛けて情報集めまくる人体模型(笑)。
 ただし、願いを叶えるウイッシュミラー、こいつが出ると大量のジャームが出現するらしい。願いが叶うまで何度も時間を巻き戻す特殊なワーディングを張るため、その中に囚われた人間の潜在的なレネゲイドウィルスが活性化、一気にジャーム化してしまうらしい(システム的には、PCの侵食率が全員100%越えたらアウト)。この結界は願いを叶えたら消える、と言うことを突き止め、今度は願いをかけた人物を割り出すことに。
 そして出てきたのが、兵藤成美ちゃん。彼女の片思いを成就させればいいのか、と言うことになり、剣持を焚きつけ、彼女を屋上に呼び出す! 成美の様子を尾行しながらそれぞれ見守るPC達。ヴァンガードは(日替わりメイド服を着せられた)立科と共に。アリエルは内臓くんが用立てた偽りの身分で学校内を闊歩しながら。そして、内臓くんは霊障に続く隠し技《擬態の仮面》と《完全演技》による変化の術で、女子高生に!(爆) 中身がおばけとは思えぬ完全な女子高生で成美の背中を押す(笑)。
 そして、夕暮れに染まる屋上。すっかりテンションのおかしくなった我々、ラブコメ驀進モードに(笑)。言い淀む成美を前に、彼女を抱きしめ「好きだー!!」と告白する剣持!!(爆笑)
 だがしかし、ここでウィッシュミラーが出現、世界は巻き戻る!

GM「ぶっちゃけると、フラグが足りません」
全員「ふざけんなぁーーー!!」

 と言うところで、無念の中断。一週経っての再開となりました。
 やることは全て判明しているとはいえ、あのラブコメをもう一回やるのかー、とか、PLの一人が体調不良で熱がある、とかいう不安の残る状況だったんですが……開始数分でトップギアに(笑)。つーか、熱のあるヴァンガードの中の人が、熱に浮かされるままに大暴走(爆)。あとはフラグを回収するだけだった成美尾行の一連のシーンを描写過多とも思えるぐらいに全員でやりまくり、あっという間に爆笑の渦になりましたとさ。結果、成美のCVが堀江由衣に、立科さんのCVが藤村歩に決定(なんだそれ)。
 成美自ら告白を成功させたことにより、結界は消滅。繰り返される時もなくなった。だが、ジャームを大量発生させられなかったウィッシュミラーは不満が残るのか、下校しようとしていた剣持と成美の前に姿を現す。怯える成美を庇う剣持、不敵に笑うウイッシュミラー。そこに響き渡る、不気味な声!

内臓くん「ふははははは! ようやく会えたな、『願いを叶える鏡!!』」

 同時に、最大範囲でワーディングを展開!

内臓くん「今度は我が結界内で遊ぼうではないかぁ! さあ、衝動判定をしろ!」
ウィッシュミラー「してもいいですが、それだとこっちのダイスボーナスが増えますよ?」
内臓くん「すんません、普通にやりましょう」

 ともかく、内臓くんのワーディングで気を失った成美を幽霊ちゃんに任せ、同じく様子を伺っていたヴァンガード&立科さん、アリエル支部長も飛び出して包囲。

内臓くん「さあ、我が同胞達を返して貰おうか」
ウィッシュミラー「欲しければ取り返すのですね」
内臓くん「そうだな……どちらの畏れがより強大か、思い知らせてくれるわ!!」
他のPL「……どっちがボスキャラ?」

 とまあ、そんな感じでクライマックス戦闘開始(笑)。自分の分身が取り憑いた二宮金次郎、ピアノ、モナリザ、ベートーベンを呼び出すウイッシュミラー。

内臓くん「むう、我が同胞達を……。ぬ!? しかも、アレは、死んだはずの紫鏡!!」
GM「へ? ……じゃあ、それで! 『我が主の手に寄れば、死したRBを復活させることなど造作もないこと!』」
内臓くん「ジャーム化した時に我等の手で討った者の眠りを覚ますなど……許せん!」
ヴァンガード「敵が増えたぞ、コラ(笑)」

 ここで、ルール説明。PC達が相手にするのはウィッシュミラー本体と、その分身が《融合》した七不思議のうち3体。成美を保護した幽霊ちゃんの方に、紫鏡と、分身1体、そしてこちらが選ばなかった七不思議の残り一体が向かい、そっちには立科さんが対応する、と言うことに。
 ここで、悩む。ピアノはハヌマーン/オルクス、二宮金次郎がモルフェウス/キュマイラ、ベートーベンがエンジェルハイロゥ/ハヌマーン、モナリザがモルフェウス/オルクス。二宮金次郎がガチの前衛、ピアノが支援、ベートーベンが射撃、モナリザがガードキャラと当たりを付けて、モナリザを除外。
 ハヌマーン/サラマンダー(だったと思う)の前衛・立科さんを、オルクス/ソラリスのガチ支援キャラの幽霊ちゃんが強化しまくるNPC戦場を横目に、ボス戦開始。
 なんと二宮金次郎以外、全員PCよりも早いという状況。範囲攻撃を掛けてくるウィッシュミラー。しかし、これは範囲だったことを逆手に取り、鉄壁ヴァンガードがほぼ全部止める! しかし、続けてベートーベン。目に画鋲を刺して、そこから怪光線!(爆笑) ……まあ、《光の銃》とかなんですけどね。これも範囲攻撃で大惨事。侵食率が上がりすぎていた内臓くん、もはや《リザレクト》も出来ないので、優先的に庇って貰いました。みんな、すまねぇ……。続くピアノは《サイレンの魔女》を使ってシーン攻撃! 阿鼻叫喚の地獄に叩き込まれるも、どうにか耐え抜いた。二宮金次郎は動いて折らず、七不思議の3体はいまだ1エンゲージ。ここで、強力な射撃攻撃を持つアリエル支部長! 14Dも振れる彼女の攻撃力はバカに出来ず、GMは分身一掃されるかも、と言っていたのだが。
 14D、クリティカル値7で、一個も回らず!!(爆死)
 世紀の交通事故を目撃、一気に全滅の二文字がちらつき出しました(汗)。しかし、その直後に、内臓くんがいつもの《異形の祭典》を含む内臓投げコンボで、別エンゲージのウイッシュミラー本体までも巻き込んで薙ぎ払う! ウイッシュミラーに投げつけた胆のうから胆汁が、ベートーベンに投げつけた胃から胃酸が弾け飛んで邪毒3レベルをぶち当てる(笑)。剣持がウイッシュミラー本体に斬りかかり、痛手を与えると、ランダムで相手を決めた二宮金次郎が剣持に飛びかかる。これにヴァンガードも加わり、布陣は完成。前衛で剣持が攻撃し、そちらへのダメージはヴァンガードが完全カット。後方で別エンゲージとなった内臓くんとアリエルがバカスカ撃ちまくる、という構図。
 ちょうどその頃、鴨南蛮は腹痛でのたうち回りながらのプレイだったため、ちょっとうろ覚えなんで、戦闘の内容間違ってるかもしれないけど……ヴァンガードが二宮金次郎の分身を撃破。セットアップにて、邪毒でベートーベンの分身も倒れ、ウイッシュミラーの鏡が溶ける(笑)。次ターン、ウイッシュミラーが剣持とヴァンガードに範囲攻撃を仕掛けるも、これを全部止める化け物・ヴァンガード(汗)。ピアノよりも早いアリエル支部長が、今度こそきっちりとピアノの分身を落とし、おばけ達は全員解放完了。内臓くんの肺両手投げ(笑)、剣持の《マシラの如く》を喰らい、切り札の《光の守護》も使ってしまって追い詰められたウィッシュミラー。後は攻撃能力の低いヴァンガードが残るのみだが、彼はDロイス:賢者の石を持つ。無理矢理ぶち当てることが可能! しかも、内臓くんの《餓鬼魂の使い》で邪毒を喰らっておりまして。完全に積んでしまいました(笑)。前回と同じく、ヴァンガードにやられなければ邪毒に殺されるという状況!(爆) しかし、ここはしっかりとヴァンガードの日本刀でずんばらりんされてしまいましたとさ(笑)。
 倒されたウィッシュミラー、色々と思わせぶりなことを吐いていたが、そこにやってきた内臓くん。

内臓くん「くくく……同胞達は返してもらったぞ。我が畏れの方が上だったな」
ウイッシュミラー「そのようですね……」
内臓くん「ならば……貴様の畏れ、我が頂こう! 我が背後で百鬼の一つとなるが良い!! ギュインギュインギュイン!!」
GM「なにか吸ってるよ!?」
内臓くん「妖気を吸収しました。《魔種吸引》です」
GM「パラサイトブラッドに帰れぇッ!!」

 そんなこんなで(笑)、ED。今回はみんな侵食率経験点5点貰える上出来な帰り方。……いや、出目がとことん悪かったアリエル支部長だけは2倍振りしてたけど(案の定、1倍振りで帰れる出目だった……)。
 とことん立科さんとラブコメするヴァンガード、遅すぎる情報を霧谷から貰うアリエル、そして仲間を取り返し、学園祭のおばけ屋敷で暴れまくる内臓くん(爆)。ニワトリ包丁やジャモジさん化して好き放題(笑)。ぼったくり&あまりの騒ぎに飛んできた生徒会長・八重樫若菜に、おばけ最高のクオリティで『一生の思い出(トラウマ)』をプレゼント!!(爆笑)
 んで、いよいよメインディッシュ。学園祭当日に転校してしまう成美を想い、沈む剣持。それを送り出すヴァンガード! コネを使って運び屋を呼び、成美が乗る予定の新幹線を遅らせるという無茶を慣行!(笑) それに応えた剣持、3階から飛び降りるという荒技を。それを目撃したNPC月原朝芽をおばけ総出で襲い、記憶を失わせる内臓くん一派(オイ)。
 そして、成美の出発前に追いついた剣持。なりゆきで登場した成美の父親相手に大見得を切って、公認で彼女をもぎ取りました(爆)。なんと、転校取り止めて一人暮らしでこっちに残ることになった模様(ここも記憶曖昧。間違ってたらごめん)。最後まで、ベッタベタなラブコメ貫いた剣持のPLに拍手喝采でした(笑)。


 結論。
 TRPGでラブコメやると、ものすげぇ楽しい(爆)。




 キャンペーンはあと1回。しかも2回目が結局2週に別れてしまったので、3週連続のセッションとなりました。さすがに4週続けてはきつい、との意見があり、最終回は再来週に。……合間見て原稿やらないとなぁ……。
【2011/02/02 15:43】 | TRPG | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

鴨南蛮

Author:鴨南蛮
北のバカ文書き(クロスオーバー専用機)にしてサークル『矢鴨食堂』の主。
東方どうでしょうをメインに書いてます。
重度の馬キチ。

基本的にPOG情報や競馬予想などしかしません。

なお、このブログで書かれていることは、あくまで個人の感想や意見です。辛口の内容もありますが、決して他者の意見を否定するものではありません。それでも気に食わない人は黙ってお帰り下さい。
上記の内容を無視して、度が過ぎた誹謗中傷・恫喝・脅迫文を書かれた方には、それ相応の処置を執りますので、お覚悟を。
このブログにコメントを書き込んだ時点で、上記の内容に承知した物として扱います。


web拍手はこちら。


メアドはknb02★jcom.home.ne.jp(★を@に入れ替えてください)
mixiは こちら
SkypeのIDは kamonanban1312
Twitterは kamonanban02
MSNはメアドそのまんまです。

カウンター

店内人数

現在の閲覧者数:

Twitter

鴨南蛮 < > Reload

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる